【2024年最新】iPhoneはどこで買うのが安い?機種ごとの安く買う方法・最新情報【投げ売り・値下げ】【回線契約なし・端末のみ購入も】

今回は、iPhoneを安く買う方法について、機種ごとに2024年6月最新の価格情報などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


目次

【2024年6月】iPhoneはどこで買うのが安い?機種ごとの安く買う方法・最新情報【投げ売り・値下げ】【回線契約なし・端末のみ購入も】

今回の動画はこちら!

iPhone 15シリーズ

引用:Apple

最新のiPhone 15シリーズは、回線契約なしの一括購入ならやはりアップルストアが最安です。

キャリアは2~3万円ほど高いので、割引なしの一括購入は基本的にはおすすめできません。

iPhone 15は残価設定プログラムだとソフトバンクが最安で、auも近い価格設定になっています。

回線契約なしで2年間3万円台なら十分安いので、これらのキャリアで2年レンタルを利用するのはおすすめです。

また、標準モデルのiPhone 15以外のモデルで残価設定プログラムを使う場合は、楽天モバイルが最安です。

ドコモではiPhone 15で44,000円のMNP割引が実施されていて、割引を使えば一括約10万円、2年後返却実質約1.8万円になるのでそこそこ安いです。

また、ソフトバンクでは残価設定プログラムとMNP割引の組み合わせで2年後返却実質約1.5万円で利用可能です。

MNP割引を活用したい場合、これらのキャリアをチェックしてみてはいかがでしょうか。

イオシスでは中古Aは定価から1~1.5万円ほど安く購入可能ですが、未使用品は定価とほぼ同じ価格になっています。

中古でも良ければイオシスがおすすめですが、新品の一括購入ならやはりアップルストアがおすすめです。

一括定価残価設定プログラム投げ売り・割引イオシス
iPhone 15アップルストア:124,800円~
ドコモ:149,490円~
au:145,640円~
ソフトバンク:145,152円~
楽天モバイル:131,800円~
ドコモ:62,898円~
au:38,240円~
ソフトバンク:36,144円~
楽天モバイル:65,880円~
ドコモ:MNP44,000円割引
au:回線契約5,500円割引
ソフトバンク:MNP/U22新規21,984円割引
楽天モバイル:回線契約+一括購入20,000円割引
中古A:112,800円~
未使用品:119,800円~
iPhone 15 Plusアップルストア:139,800円~
ドコモ:168,740円~
au:163,490円~
ソフトバンク:163,440円~
楽天モバイル:146,800円~
ドコモ:85,580円~
au:85,790円~
ソフトバンク:46,800円~+12,100円、保証料
楽天モバイル:73,992円~
au:MNP22,000円割引
ソフトバンク:MNP/U22新規21,984円割引
楽天モバイル:回線契約+一括購入20,000円割引
中古A:124,800円~
未使用品:139,800円~
iPhone 15 Proアップルストア:159,800円~
ドコモ:192,060円~
au:185,860円~
ソフトバンク:185,760円~
楽天モバイル:174,700円~
ドコモ:97,020円~
au:99,705円~
ソフトバンク:43,992円~+12,100円、保証料
楽天モバイル:87,336円~
ドコモ:MNP33,000円割引
au:MNP22,000円割引
ソフトバンク:MNP/U22新規43,968円割引
楽天モバイル:回線契約+一括購入20,000円割引
中古A:144,800円~
未使用品:149,800円~
iPhone 15 Pro Maxアップルストア:189,800円~
ドコモ:236,940円~
au:230,360円~
ソフトバンク:229,680円~
楽天モバイル:210,800円~
ドコモ:119,460円~
au:122,360円~
ソフトバンク:65,340円~+12,100円、保証料
楽天モバイル:96,384円~
au:MNP22,000円割引
ソフトバンク:MNP/U22新規21,984円割引
楽天モバイル:回線契約+一括購入20,000円割引
中古A:172,800円~
未使用品:189,800円~

iPhone 14シリーズ

引用:Apple

型落ちではあるものの、iPhone 14/14 Plusは在庫があるところが多く、現在も販売が継続されています。

これらのモデルは、キャリアで定価の値下げが行われていないので、一括購入ならこちらもアップルストアが最です。

iPhone 14で残価設定プログラムを使う場合、ドコモが22,033円とかなり安いです。

au、ソフトバンクが約44,000円に設定されていることを考えると、回線契約なしで利用するならドコモ一択と言えるでしょう。

au、ソフトバンクは約44,000円の割引を実施しており、残価設定プログラムと組み合わせると、auは2年後返却実質47円、ソフトバンクは実質48円になります。

MNP割引を利用するなら、au、ソフトバンクは非常におすすめです。

一方で、大画面のiPhone 14 Plusは無印ほど割引が充実していないので、キャリアで購入することはあまりおすすめできません。

イオシスでは、いずれのモデルも中古Aは定価より2万円ほど安く購入可能です。ただ、未使用品はそこまで安くなっていません。

上位モデルのiPhone 14 Pro/14 Pro Maxを買うなら、現在は白ロム一択です。

そこそこ高いんですが、定価と比べれば安くなっているので気になる方はぜひチェックしてみてください。

一括定価2年レンタル投げ売り・割引イオシス
iPhone 14アップルストア:112,800円~
ドコモ:124,465円~
au:127,900円~
ソフトバンク:127,440円~
楽天モバイル:120,800円~
ドコモ:22,033円~
au:44,047円~
ソフトバンク:44,016円~
楽天モバイル:60,384円~
ドコモ:MNP9,900円割引
au:MNP44,000円割引
ソフトバンク:MNP/U22新規43,968円割引
楽天モバイル:回線契約+一括購入20,000円割引
中古A:89,800円~
未使用品:104,800円~
iPhone 14 Plusアップルストア:124,800円~
ドコモ:158,180円~
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:135,900円~
ドコモ:79,220円~
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:67,944円~
楽天モバイル:回線契約+一括購入20,000円割引中古A:99,800円~
未使用品:119,800円~
iPhone 14 Proアップルストア:販売終了
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:販売終了
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:販売終了
中古A:124,800円~
未使用品:在庫なし
iPhone 14 Pro Maxアップルストア:販売終了
ドコモ:201,850円~
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:販売終了
ドコモ:89,650円~
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:販売終了
中古A:142,800円~
未使用品:在庫なし

iPhone 13シリーズ

引用:Apple

標準モデルのiPhone 13は未だにアップルストアで販売が継続されています。

定価から値下げされているものの、白ロム相場などを考えると今から購入するのは微妙ですね。

iPhone 13/13 miniはUQモバイル、ワイモバイルの認定中古品がおすすめです。

商品は中古の状態ですが、MNPと指定プランへの加入で大幅な割引が適用されます。

サブブランドなら通信料も安いので、MNPをするのは十分アリだと思います。

iPhone 13はUQモバイルで最安48,000円〜、ワイモバイルは34,920円〜購入可能です。

商品の状態は中古B相当にはなるものの、かなり安いですよね。

iPhone 13ならまだまだ使える性能はあるので、3~4万円で買えるのは非常におすすめです。

また、ファンも多いiPhone 13 miniはUQモバイルで39,000円~購入可能で、miniモデルを安く使いたい方には十分おすすめです。

回線契約なしならイオシスでの購入もおすすめです。

iPhone 13は中古Aで7万円台から、iPhone 13 miniは6万円台から購入することができます。

回線契約なしでこれくらいの価格なら十分安いと言えるのではないでしょうか。

一括定価2年レンタル投げ売り・割引イオシス
iPhone 13アップルストア:95,800円~
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:在庫なし
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:在庫なし
楽天モバイル:在庫なし
UQモバイル認定中古品:48,000円~
ワイモバイル認定中古品:34,920円~
中古A:74,800円~
未使用品:89,800円~
iPhone 13 miniアップルストア:販売終了
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:在庫なし
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:在庫なし
UQモバイル認定中古品:39,000円~中古A:64,800円~
未使用品:在庫なし
iPhone 13 Proアップルストア:販売終了
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:在庫なし
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:在庫なし
中古A:97,800円~
未使用品:在庫なし
iPhone 13 Pro Maxアップルストア:販売終了
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:在庫なし
ドコモ:在庫なし・販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:在庫なし
中古A:112,800円~
未使用品:在庫なし

iPhone 12シリーズ

引用:Apple

iPhone 12シリーズもサブブランドの認定中古品がおすすめです。

iPhone 12はUQモバイルで19,000円〜、ワイモバイルは27,720円〜購入可能です。

2万円を切っているUQモバイルはかなり安いと思います。

また、iPhone 12 miniはワイモバイルで9,800円から購入でき、1万円以下なのでサブ機としても手が出しやすいのではないでしょうか。

iPhone 12 ProはUQモバイルで33,000円からとなっており、Proモデルと考えるとかなりお得感がありますね。

iPhone 12シリーズになると白ロムも結構安いので、回線契約が不要な方はイオシスなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。

バッテリーの劣化などが心配ではあるものの、今から買うのは十分おすすめです。

一括定価2年レンタル投げ売り・割引イオシス
iPhone 12アップルストア:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
UQモバイル認定中古品:19,000円~
ワイモバイル認定中古品:27,720円~
中古A:43,800円~
未使用品:64,800円~
iPhone 12 miniアップルストア:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
ワイモバイル認定中古品:9,800円~中古A:42,800円~
未使用品:在庫なし
iPhone 12 Proアップルストア:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
UQモバイル認定中古品:33,000円~中古A:64,800円~
未使用品:在庫なし
iPhone 12 Pro Maxアップルストア:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
ドコモ:販売終了
au:販売終了
ソフトバンク:販売終了
楽天モバイル:販売終了
中古A:89,800円~
未使用品:在庫なし

一括購入ならアップルストア、キャリアの割引額は要チェック

最新のiPhone 15シリーズは一括購入ならアップルストアがおすすめです。

イオシスなどで未使用品を買う場合と価格は現時点であまり変わらないので、新品一括購入ならアップルストアをチェックするようにしましょう。

ただ、ソフトバンクの2年後返却実質3万円台やドコモの44,000円割引もそれなりにお得感があります。

また、iPhone 14シリーズもキャリアの2年レンタルや割引がお得な場合が多いです。

「回線契約を考えている」「2年レンタルでも構わない」といった場合は、キャリアの金額をチェックすると良いでしょう。

iPhone 13/12シリーズはサブブランドの認定中古品がかなり安くなっています。

回線維持費なども合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2024年4月】iPhone投げ売り最新情報!今安く買えるiPhoneを紹介【iPhone 15 月1円】【iPhone 14もお得】【iPhone 13/12シリーズも紹介】

今回は、2024年4月最新のiPhoneの投げ売りについて、現在の価格情報などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 15シリーズ

最新のiPhone 15シリーズだと、引き続きソフトバンクの新トクするサポート(バリュー)を使ったiPhone 15が安いですね。

端末のみの場合は1年後返却実質21,996円で、この時点でも結構安い価格になっています。

さらに、MNPまたは22歳以下の新規契約の場合は21,984円の割引が利用可能なので、割引適用の場合は1年後返却実質12円になります。

端末のみでも十分安いので、端末のみでiPhone 15をレンタルし、回線はサブブランドや格安SIMを利用する方法もおすすめの運用方法です。

ドコモ、auの場合は残価設定プログラム+MNP割引で2年後返却実質3万円台で利用可能です。

ソフトバンクほどの安さではないですが、2年間使いたい方はドコモ、auをチェックしてみてはいかがでしょうか。

iPhone 15シリーズのその他のモデルは、現時点では目立つ割引は特に行われていません。

また、iPhone 15シリーズは白ロム相場もそこまで落ちておらず、まだまだ高めですね。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 15ソフトバンク:1年後返却実質21,996円
MNP割引適用で1年後返却実質12円
124,800円~97,800~159,800円
iPhone 15 Plus139,800円~124,800~174,800円
iPhone 15 Pro159,800円~149,800~252,800円
iPhone 15 Pro Max189,800円~172,800~279,800円

iPhone 14シリーズ

iPhone 14は三大キャリアすべてでそこそこ安い状況になっています。

ドコモは回線契約無しでも2年後返却実質22,033円なので、端末のみの利用もおすすめです。

オンラインショップでは9,900円の割引、一部店舗では22,010円の割引が実施されており、一部店舗の場合は2年後返却実質23円になります。

店舗での手数料や割引の条件には注意が必要ですが、ドコモでiPhone 14を利用するなら基本的には店舗の方がおすすめですね。

auは回線契約無しの場合の実質負担額は44,047円と少し高めで、iPhone 15を2年レンタルした際の実質負担額よりも高くなっています。

以前より値上げされているので、端末のみの場合はあまりおすすめできません。

一方で、MNP割引は44,000円に増額されており、割引適用時は2年後返却実質47円とこれまでと同じ実質負担額になっています。

ソフトバンクでは割引無しだと2年後返却実質22,008円です。

MNPまたは22歳以下新規の割引を適用すると、2年後返却実質24円になります。

また、Pro系のモデルはイオシスなどの白ロムがおすすめです。

状態にもよりますが、定価から比べるとそこそこ安く購入できるようになっています。

性能的にもまだまだ十分高性能で実用的なのでおすすめです。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 14ドコモ:2年後返却実質22,033円
→MNP割引適用で2年後返却実質12,133円
(一部店舗2年後返却実質23円)
au:2年後返却2年後返却実質44,047円
→MNP割引適用で2年後返却実質47円
ソフトバンク:2年後返却実質22,008円
→MNP割引適用で2年後返却実質24円
112,800円~82,800~134,800円
iPhone 14 Plus124,800円~99,800~124,800円
iPhone 14 Pro107,800~159,800円
iPhone 14 Pro Max137,800~184,800円

iPhone 13シリーズ

引用:Apple

iPhone 13シリーズはUQモバイルやワイモバイルの認定中古品がおすすめです。

端末によっては多少の使用感はあるものの、かなり安く購入可能です。

他社から乗り換えの場合、iPhone 13だとUQモバイルで一括48,000円〜、ワイモバイルで一括47,880円〜購入可能です。

iPhone 13は白ロムが安いものでも6万円台後半なのでかなり安い価格設定だと思います。

また、iPhone 13 miniはUQモバイルで乗り換え一括39,000円〜となっています。

こちらもかなり安く、miniモデルを今から買いたい人には十分おすすめですね。

iPhone 13 ProはUQモバイルで乗り換え一括64,000円〜です。

2世代前のProモデルで6万円台はかなり安いと思います。

割引を最大限受けるにはプランの指定がありますが、大手キャリアと比べればサブブランドの料金は安いのでそこまで大きな負担ではありません。

割引後の端末の価格はかなり安いので、他社から乗り換えて割引を利用するのは十分おすすめです。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 13UQモバイル:乗り換え一括48,000円~
※au認定中古品
ワイモバイル:乗り換え一括47,880円~
※ソフトバンク認定中古品
95,800円~67,800~114,800円
iPhone 13 miniUQモバイル:乗り換え一括39,000円~
※au認定中古品
57,800~82,800円
iPhone 13 ProUQモバイル:乗り換え一括64,000円~
※au認定中古品
85,800~112,800円
iPhone 13 Pro Max102,800~137,800円

iPhone 12シリーズ

引用:Apple

iPhone 12シリーズもサブブランドの認定中古品がおすすめです。

iPhone 12はUQモバイルで乗り換え一括21,000円〜、ワイモバイルで乗り換え一括27,720円〜となっています。

iPhone 12 miniはワイモバイルで乗り換え一括9,800円〜となっており、かなり安いですね。

また、iPhone 12 ProはUQモバイルで乗り換え一括38,000円〜です。

特に安いワイモバイルのiPhone 12 miniは、在庫がたまに補充されていて現在も普通に購入可能となっています。

こちらもイオシスなどの白ロムと比べてかなり安い価格設定です。

少々古いモデルですが、この価格ならサブ機としても十分おすすめです。

回線契約が不要な方はイオシスなどで白ロム購入する方法が最もお得です。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 12UQモバイル:乗り換え一括21,000円~
※au認定中古品
ワイモバイル:乗り換え一括27,720円~
※ソフトバンク認定中古品
37,800~57,800円
iPhone 12 miniワイモバイル:乗り換え一括9,800円~
※ソフトバンク認定中古品
31,800~44,800円
iPhone 12 ProUQモバイル:乗り換え一括38,000円~
※au認定中古品
57,800~77,800円
iPhone 12 Pro Max75,800~97,800円

引き続きiPhone 15実質12円、iPhone 12 mini一括9,800円がお得

正直な話、ここ数ヶ月ほどiPhoneの投げ売り状況はそこまで変わっていません。

やはり、ソフトバンクで実施されているiPhone 15の1年後返却実質12円はインパクトが大きいですね。

他キャリアは44,000円割引で対抗していますが、ソフトバンクほどの衝撃はありません。

また、2年後返却でお得に利用したい方は一世代前のiPhone 14がおすすめです。

iPhone 13、12シリーズはサブブランドの認定中古品がかなり安くなっています。

一括でiPhoneを安く買うのであれば、現状では認定中古品くらいしか選択肢はありません。

iPhone 14、15シリーズを一括で少しでも安く買いたい方は、イオシスなどの白ロムをチェックすることをおすすめします。

【2024年3月】iPhone投げ売り最新情報!今安く買えるiPhoneを紹介【iPhone 15 月1円】【iPhone 14・iPhone 12 mini】【端末のみ購入・回線なし契約】

今回は、2024年3月最新のiPhone投げ売りについて、現在の価格情報などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

iPhone 15シリーズの投げ売り情報

ソフトバンクでは引き続き新トクするサポート(バリュー)を使った、iPhone 15の1円レンタルが利用可能となっています。

回線契約無しでも1年後返却実質21,996円なので十分安いですね。

MNP割引は他社からの乗り換えが必要な点や高い回線維持費がネックですが、実質12円とかなり安くなります。

また、ドコモではオンラインショップでiPhone 15の44,000円割引が実施されています。

割引の条件は他社から乗り換え(MNP)です。

残価設定プログラムと組み合わせると実質約3万円でiPhone 15を2年間使うことができます。

ドコモ、auでは無印以外も含めたiPhone 15に最大44,000円の割引を実施している店舗も多いですね。

オンラインショップでは22,000円引きの場合が多いので、条件が合えば店舗の方がお得になります。

iPhone 15シリーズはイオシスでは中古A品が多く、定価よりは安いものの販売価格はまだ少し高めですね。

劇的に安いわけではないですが、回線契約無しの一括で少しでも安く買いたい場合はイオシスも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 15ソフトバンク:1年後返却実質21,996円(1,833円/月)
MNP割引適用で実質12円
124,800円~109,800~157,800円
iPhone 15 Plus最大44,000円割引(一部店舗)139,800円~129,800~169,800円
iPhone 15 Pro最大44,000円割引(一部店舗)159,800円~149,800~269,800円
iPhone 15 Pro Max最大44,000円割引(一部店舗)189,800円~177,800~254,800円

iPhone 14シリーズの投げ売り情報

標準モデルのiPhone 14は3大キャリアすべてで残価設定プログラムが安い設定になっています。

いずれも2年後返却で実質2万円ほどです。

さらに、MNPなどで割引も用意されており、割引適用の場合、ドコモは2年後返却実質12,133円、auは2年後返却実質2,090円、ソフトバンクは2年後返却実質24円になります。

ソフトバンクが特に安いですが、それ以外のキャリアもそこそこ安いと思います。

1世代前のモデルですが、スペック的にもまだまだ実用的なので今から買うのは十分おすすめです。

また、iPhone 14シリーズは中古白ロムがそこそこ安くなってきています。

一括購入したい方はイオシスなどをぜひチェックしてみてください。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 14ドコモ:2年後返却実質22,033円
→MNP割引適用で実質12,133円
au:2年後返却実質24,090円
→MNP割引適用で実質2,090円
ソフトバンク:2年後返却実質22,008円
→MNP割引適用で実質24円
112,800円~94,800~134,800円
iPhone 14 Plus124,800円~89,800~134,800円
iPhone 14 Pro107,800~159,800円
iPhone 14 Pro Max134,800~197,800円

iPhone 13シリーズの投げ売り情報

引用:Apple

iPhone 13シリーズはUQモバイルやワイモバイルの認定中古品がおすすめです。

UQモバイルではiPhone 13・13 mini・13 Proがラインナップされていて、乗り換えの場合はiPhone 13は一括48,000円、iPhone 13 miniは39,000円、iPhone 13 Proは64,000円で購入することができます。

ワイモバイルではiPhone 13のみ購入可能で、乗り換えの場合は一括47,880円でUQモバイルとほぼ同じ価格設定です。

認定中古品は「軽微な傷や汚れなどがあるが、比較的良い状態のもの」とされていて、イオシスなら中古Bくらいの状態なので、決して新品同等の状態ではない点に注意しましょう。

ただ、UQモバイルやワイモバイルなら大手キャリアと比べて通信料も抑えられるので、乗り換えるのは非常におすすめです。

UQモバイルの最大割引(22,000円)の適用条件は以下の通りとなっています。

  • 他社から乗り換え
  • トクトクプランまたはコミコミプランの契約
  • 増量オプションⅡの加入

オプション無しやミニミニプラン加入の場合は割引額が16,500円になります。

また、白ロム相場でもiPhone 13シリーズはそこそこ安くなっています。

ただ、中古Aや未使用品になるとまだまだお高めで、iPhoneのリセールバリューの高さが感じられます。

モデルや状態によってはiPhone 14シリーズと近い価格帯のものもあるので、白ロムを検討している方はiPhone 14シリーズも合わせてチェックするのがおすすめです。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 13UQモバイル:乗り換え一括48,000円~
※au認定中古品
ワイモバイル:乗り換え一括47,880円~
※ソフトバンク認定中古品
95,800円~65,800~114,800円
iPhone 13 miniUQモバイル:乗り換え一括39,000円~
※au認定中古品
59,800~82,800円
iPhone 13 ProUQモバイル:乗り換え一括64,000円~
※au認定中古品
80,800~127,800円
iPhone 13 Pro Max97,800~137,800円

iPhone 12シリーズの投げ売り情報

引用:Apple

iPhone 12シリーズもUQモバイルとワイモバイルの認定中古品がおすすめです。

iPhone 12はUQモバイルへの乗り換えで一括21,000円、ワイモバイルは乗り換え一括27,720円からとなっています。

また、かなり安いのがワイモバイルのiPhone 12 miniで、乗り換え一括9,800円から購入可能です。

認定中古品とはいえ、投げ売りと言って良い価格設定だと思います。

9,800円で買えるのは64GBモデルで、128GBモデルになると一括17,600円になります。

64GBモデルは人気が集中しているのか在庫なしのことも多いですが、128GBモデルでも十分安いので検討してみてください。

また、64GBモデルの在庫も時々復活しているので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルの最大割引適用条件は以下のようになっています。

  • 他社から乗り換え
  • シンプル2 MまたはLの契約

さらに、iPhone 12 ProはUQモバイルで認定中古品が乗り換え一括38,000円から購入可能で、一部店舗ではさらに安い一括30,000円の場合もあります。

Proモデルと考えるとこちらも結構安いですね。

また、iPhone 12シリーズは白ロムもそこそこ安くなっています。

回線契約無しなら十分安いので、回線契約ありならUQやワイモバイル、回線契約無しならイオシスなどをぜひチェックしてみてください。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 12UQモバイル:乗り換え一括21,000円~
※au認定中古品
ワイモバイル:乗り換え一括27,720円~
※ソフトバンク認定中古品
35,800~67,800円
iPhone 12 miniワイモバイル:乗り換え一括9,800円~
※ソフトバンク認定中古品
31,800~46,800円
iPhone 12 ProUQモバイル:乗り換え一括38,000円~
※au認定中古品
55,800~82,800円
iPhone 12 Pro Max70,800~97,800円

スマホを大事に使いたい方にはモバイル保険がおすすめ【PR】

今回紹介したような投げ売りで安く買えたとしても、故障や破損で修理費がかさむと余計な出費につながってしまいますよね。

そんなスマホの修理費用を備えておきたい方におすすめなのがモバイル保険です。

モバイル保険は月額700円で、年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらうことができます。

利用の流れは、業者にて修理、料金支払いののち、申し込んで保険金を受け取ります。

キャリア補償よりも断然安いですが、もしもの時に備えられる十分な補償内容となっています。

特に、ACTIVATEではガジェットオタク的に以下のポイントでモバイル保険をおすすめしています。

  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

また、残価設定プログラムを利用する場合、返却時の査定で問題があると発生する追加費用が心配な方も多いと思います。

モバイル保険はこの追加費用も補償対象なので、追加費用を請求された場合も安心です。

最近の投げ売りはレンタルが多いので、ここまでカバーしてもらえるのはかなり嬉しいですね。

特にキャリアショップで購入する場合、オプションで補償を強く勧められると思います。

ただ、価格や複数端末に適用できる点などでモバイル保険が優れている点は多いので、一旦、モバイル保険と比較して検討してみてはいかがでしょうか。

引き続きiPhone 15が安い!iPhone 14も意外と狙い目

iPhone 15は相変わらずソフトバンクの1年レンタルが安いですね。

iPhone 14は各キャリアとも残価設定プログラムが安くなっています。

返却の必要はあるものの、スペック的にもまだまだおすすめできる一台です。

また、一括で安く買いたい場合はUQモバイルやワイモバイルの認定中古品がおすすめですね。

【2024年2月】iPhone投げ売り最新情報!今安く買えるiPhoneを紹介【iPhone 15 月1円登場】【iPhone 12 mini一括】【iPhone 14・iPhone 13】【一括購入・返却なし・回線契約なし購入】

今回は、2024年2月最新のiPhone投げ売りについて、現在の価格情報などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

2024年3月最新のiPhone投げ売り情報はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

iPhone 15シリーズ

引用:ソフトバンク

ソフトバンクはiPhone 15を、1年で端末を返却して実質負担額を抑える新トクするサポート(バリュー)の対象機種に追加しました。

これによって、回線契約無しなら1年後返却の実質負担額は21,996円、MNP割引適用の場合は実質12円になります。

最新モデルということを踏まえると、この価格はかなりお得ですね。他キャリアと比べても頭一つ抜けた安さです。

1年後に機種変更しても構わない方にはかなりおすすめですね。

その他のモデルの投げ売りや、割引は特にありません。

少しでも安く買いたい方におすすめのイオシスでは、中古品が定価より1万円ほど安く買えるようになっているので、一括購入で安く済ませたいなら中古品がおすすめです。

ただし、未使用品になると現時点ではアップルストアの定価と同じになっており、新品が良い人は一括購入ならアップルストアをおすすめします。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 15ソフトバンク:1年後返却実質21,996円(1,833円/月)
MNP割引適用で実質12円
124,800円~114,800円~(中古A利用制限▲)
124,800円(128GB未使用品)
iPhone 15 Plus139,800円~124,800円~(中古A利用制限▲)
139,800円(128GB未使用品)
iPhone 15 Pro159,800円~142,800円~(中古A利用制限▲)
159,800円(128GB未使用品)
iPhone 15 Pro Max189,800円~177,800円~(中古A利用制限▲)
189,800円(256GB未使用品)

iPhone 14シリーズ

iPhone 14はauとソフトバンクの残価設定プログラムが比較的安いですね。

いずれも2年後返却で実質3万円ほどの設定で、MNP割引適用で実質1万円前後になります。

昨年末の新規制前ほどのお得感はありませんが、2年間使うなら悪くない価格となっています。

引用:イオシス

その他のPlusやProモデルは特に安くなってはいません。

Pro系は中古白ロムがある程度安くなっているので、こちらも安く買いたい方はイオシスなどをチェックしましょう。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 14au:2年後返却実質32,500円
→MNP割引適用で実質10,500円
ソフトバンク:2年後返却実質31,824円
→MNP割引適用で実質9,840円
112,800円~89,800円~(中古A利用制限▲)
109,800円(128GB未使用品)
iPhone 14 Plus124,800円~97,800円~(中古B利用制限▲)
122,800円(128GB未使用品)
iPhone 14 Pro102,800円~(中古C利用制限▲)
137,800円(128GB未使用品利用制限▲)
iPhone 14 Pro Max134,800円~(中古C)
184,800円(256GB未使用品)

iPhone 13シリーズ

引用:UQモバイル

iPhone 13シリーズはUQモバイルのau認定中古品がおすすめです。

au認定中古品は「軽微な傷や汚れなどがあるが、比較的良い状態のもの」なので、イオシスなら中古Bくらいの状態ですね。

iPhone 13はUQモバイルへの乗り換えで一括48,000円~、iPhone 13 Proは一括64,000円~で購入可能です。

UQモバイルの割引を最大限の22,000円適用するには以下の条件があります。

  • 他社から乗り換え
  • トクトクプランまたはコミコミプランの契約
  • 増量オプションⅡの加入

オプション無しやミニミニプラン加入の場合は割引額が減り、iPhone 13は一括53,500円、iPhone 13 Proは69,500円になります。

UQモバイルなら通信料もある程度抑えられるので、MNPを活用して認定中古品を安く買うのは十分おすすめです。

引用:イオシス

白ロム相場はそこそこ下がっているんですが、中古Aや未使用品になるとまだまだお高めですね。

特にPro系の未使用品はiPhone 14シリーズなどと近い価格なので、白ロムの価格は合わせてチェックするのがおすすめです。

また、コンパクトさが人気のiPhone 13 miniはすでにキャリアなどでは販売終了となっており、基本的には中古白ロムで安く買うくらいの選択肢しかありません。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 13UQモバイル:乗り換え一括48,000円~
※au認定中古品
95,800円~67,800円~(中古C)
94,800円(128GB未使用品)
iPhone 13 mini54,800円~(中古C利用制限▲)
82,800円(256GB中古A)
iPhone 13 ProUQモバイル:乗り換え一括64,000円~
※au認定中古品
75,800円~(中古C利用制限▲)
129,800円(128GB未使用品)
iPhone 13 Pro Max99,800円~(中古C)
134,800円(128GB未使用品)

iPhone 12シリーズ

引用:ワイモバイル

iPhone 12シリーズはUQモバイルのほかにワイモバイルがお得です。

iPhone 12ならUQモバイルの認定中古品が乗り換えで一括21,000円から、ワイモバイルは乗り換え一括33,480円から購入可能となっています。

また、iPhone 12 miniはワイモバイルへの乗り換えで一括9,800円からとなっており、認定中古品とはいえ投げ売りと言って良い価格設定ですね。

9,800円で買えるのは64GBモデルで、128GBモデルになると一括17,600円で購入できます。

ワイモバイルの最大割引の適用条件は以下の通りです。

  • 他社から乗り換え
  • シンプル2 MまたはLの契約

また、iPhone 12 miniの代金は一括払いのみとされています。

iPhone 12 Proの認定中古品はUQモバイルで乗り換え一括38,000円から購入可能で、Proモデルと考えるとこちらも結構お得ですね。

特にお得なのはやはりワイモバイルのiPhone 12 miniですね。

今から買うとなるとスペック不足を感じるシーンがあるかもしれませんが、一括9,800円なら十分アリではないでしょうか。

また、iPhone 12シリーズは3世代前なので、中古白ロムはいずれのモデルもそこそこ安くなっています。

回線契約無しなら白ロムがおすすめです。

投げ売り・割引アップルストアイオシス
iPhone 12UQモバイル:乗り換え一括21,000円~
※au認定中古品
ワイモバイル:乗り換え一括33,480円~
※ソフトバンク認定中古品
37,800円~(中古C利用制限▲)
69,800円(64GB未使用品)
iPhone 12 miniワイモバイル:乗り換え一括9,800円~
※ソフトバンク認定中古品
30,800円~(中古C利用制限▲)
42,800円(64GB中古A)
iPhone 12 ProUQモバイル:乗り換え一括38,000円~
※au認定中古品
49,800円~(中古C利用制限▲)
67,800円(128GB中古A)
iPhone 12 Pro Max67,800円~(中古C利用制限▲)
84,800円(128GB中古A)

今月はiPhone 15とiPhone 12 miniがおすすめ

現状最も存在感があるのはソフトバンクのiPhone 15です。

1年後に返却とはいえ最新iPhoneが割引適用で月1円になるのはかなりお得ですよね。

iPhone 15が気になっている方はぜひチェックしてみてください。

その他に注目なのがワイモバイルのiPhone 12 miniですね。

一括9,800円から買えるのは中古相場から見てもかなり安いですし、miniモデルが好きな方にはかなり魅力的ではないでしょうか。

手が出しやすい価格なので、サブ機用途での購入もおすすめです。

また、今回の特価は在庫処分の可能性が高いので、気になる場合は早めのチェックをおすすめします。

【2024年1月】iPhone投げ売り最新情報!値引き規制後もiPhoneはキャンペーンでどこで安く買える?ドコモは投げ売り静観?【1円・端末のみ購入・回線なし契約・iPhone 15・iPhone 14・iPhone SE】

今回は、新値引き規制開始後のiPhone投げ売りについて、現在の価格情報などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

最新の投げ売り状況はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

2023年末に実施された新値引き規制後の状況

スマホ業界の最近のトピックとして、12月27日から始まった新値引き規制があります。

総務省としては適正な競争や通信料の値下げなどの観点から、キャリアの「1円スマホ」など廉価販売を止めさせたい意図がありました。

これを受けて、各キャリアではそれぞれ対応が分かれました。

まず、ドコモは規制を真面目に受け入れた形で、残価設定プログラムの実質負担額が大幅に値上げされました。

auでは、一部機種で定価を値下げすることで残価設定プログラムをこれまでに近い価格で提供しています。

また、ソフトバンクは新たに1年で端末を返却する新トクするサポート(バリュー)を開始し、後日返却実質12円スマホが誕生しました。月1円スマホが継続されたということですね。

楽天モバイルはAndroidスマホを残価設定プログラムの対象から外しました。こちらは改悪と言えるでしょう。

結果的には、ソフトバンクを中心に廉価販売が継続されている状況です。

iPhone 15の価格

引用:アップル

2024年1月22日からソフトバンクでは最新のiPhone 15が新トクするサポート(バリュー)の対象になり、月1円で1年間使えるようになりました。

それまで新トクするサポート(バリュー)の対象だったiPhone 14とバトンタッチした形で、最新iPhoneが対象機種になるのは少々予想外でした。

ちなみにiPhone 14は新トクするサポート(スタンダード)の対象に変わっていて、割引を適用すれば実質9,840円で2年間利用することができます。

引用:ソフトバンク

MNPまたは22歳以下の新規契約の割引を適用することで実質12円になる仕組みになっており、期間は違いますが月1円の支払いなので今までと同じような投げ売りが続いている状態です。

1年での機種変更は少し面倒なものの、最新iPhoneを安く使いたい方にはおすすめですね。

また、ソフトバンクの1年レンタルという手法が上手く抜け道を見つけた形なので、今後他キャリアも追随する可能性はあるのではないかと思っています。

iPhone 15(128GB)
ソフトバンク定価142,920円
新トクするサポート(バリュー)
実質負担額
1年後返却実質21,996円(1,833円/月)
MNP割引▲21,984円
割引適用後1年後返却実質12円(1円/月)

iPhone SE(第3世代)の価格

引用:アップル

廉価モデルのiPhone SEは引き続き安く買えることが多いですね。

auとソフトバンクではこれまでと全く同じ価格が維持されていて、2年後返却の残価設定プログラムでMNP割引を適用すればそれぞれ実質47円や実質24円になります。

これまでと同じ利用期間、価格なので、これらのキャリアで買う場合は新規制の影響がほとんどないと言えますね。

ただし、規制前には一括14,800円などの投げ売りが店舗で行われていましたが、こちらは基本的に無くなったので注意が必要です。

また、規制前はドコモでは後日返却実質23円で利用できていましたが、規制後は値上げされています。

auソフトバンク
定価70,935円73,440円
残価設定プログラム実質負担額2年後返却実質22,047円(958円/月)2年後返却実質22,008円(917円/月)
MNP割引▲22,000円▲21,984円
割引適用後2年後返却実質47円(初回3円、2円/月)2年後返却実質24円(1円/月)

まだまだ投げ売りは継続、以前のような勢いは無し

ソフトバンクやauでは工夫によって一部機種で投げ売りが継続しています。

特に、ソフトバンクで最新モデルのiPhone 15が後日返却実質12円になったのはかなり衝撃的ですね。

ただし、今までのような一括投げ売りは無くなっていて、2年に端末を返却する実質投げ売りが中心となっています。

一括購入と比べると残価設定プログラムは少しややこしいので、利用時には条件や返却時期などをチェックすることをおすすめします。

【2023年12月】iPhone投げ売り最新情報!一括投げ売り復活!今はどのiPhoneが安く買える?投げ売り終了?【iPhone 13 mini・iPhone 14・iPhone 14 Plus】

今回は、現在行われているiPhoneの投げ売り情報について、機種ごとに詳しく紹介したいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

現在のスマホ投げ売りをおさらい

昨今キャリアが実施しているスマホの投げ売りは大まかに分けると2種類あります。

1つ目が一括投げ売りです。こちらは定価からMNP割引と白ロム割引を引いた価格で買い切りなので、購入すれば純粋に自分のものになります。

2つ目は実質投げ売りです。こちらは、一括投げ売りと同様の割引に加えて、残価設定プログラムを使って月々の支払額を安くする購入方法です。

この場合、2年後には端末をキャリアに返さなければならないため、実質的にはレンタルと言えます。

この2つだと、ユーザーとしては一括投げ売りの方が嬉しいですが、現在の主流は実質投げ売りとなっています。

また、一部では後日一括清算可能な分割払いの案件もありますね。

22,000円が上限のMNP割引は、他社からの乗り換えまたは22歳以下の新規契約が条件になっていることが多く、店舗だとプランが指定されていることもあります。

白ロム割引(店舗独自割引)は回線契約無しでも適用されるので、回線契約を伴わない端末のみの購入でも安くなります。

価格は一括投げ売りだと最近は14,800円や9,800円が多く、実質投げ売りだと2年後返却で実質23円、24円、47円などの価格がラインナップされています。

iPhoneは高価格帯のモデルが多いため、一括より実質の方が多めですね。

【2023年12月】投げ売りされている注目iPhoneを紹介

ここからは現在投げ売りされている注目のiPhoneを紹介していきます。

iPhone 13 mini:貴重な一括投げ売りに注目!

引用:アップル

iPhone 13 miniは2世代前のコンパクトモデルです。

これまでは2年後返却実質23円などの実質投げ売りが中心でしたが、12月に入ってソフトバンクで一括14,800円の投げ売りが登場しています。

MNP割引と白ロム割引で約10万円も割引して一括14,800円になっています。

廉価モデルのSEではなくナンバリングモデルの一括案件はかなり珍しいので、機会があればかなりおすすめです。

端末のみ購入でも36,800円なので非常にお得ですね。

iPhone 13 mini(128GB)
ソフトバンク定価116,640円
MNP割引▲22,000円
白ロム割引
(店舗独自割引)
▲79,840円
割引適用後14,800円

iPhone 14 Plus:大画面モデルがついに投げ売りに登場

引用:アップル

iPhone 14 Plusは、1世代前の「無印かつ大画面」という新たな立ち位置のモデルです。

これまではごくたまにサテライトショップや出張店舗で投げ売りがあった程度でしたが、12月になってついに通常の店舗でも投げ売りが開始されました。

行われているのは主にauで、こちらは実質投げ売りで2年後返却実質47円です。

大画面iPhoneを安く使いたい方におすすめですね。

iPhone 14 Plus(128GB)
au定価158,490円
スマホトクするプログラム
実質負担額
実質80,730円
MNP割引▲22,000円
白ロム割引
(店舗独自割引)
▲58,683円
割引適用後実質47円

iPhone 14:iPhone投げ売りの定番

引用:アップル

最近のiPhoneの投げ売りの主流はiPhone 14です。

投げ売りはドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアすべてで普段から行われていることが多く、大体どこの店舗でも行われているので利用のしやすさが魅力的ですね。

価格はドコモが2年後返却実質23円、auは実質47円、ソフトバンクは実質24円で、回線契約無しの場合はそれぞれ22,000円プラスした金額で2年間利用することができます。

大画面などに特にこだわりが無いなら十分お得でおすすめ

※ドコモの場合

iPhone 14(128GB)
ドコモ定価138,930円
いつでもカエドキプログラム
実質負担額
実質50,490円
MNP割引▲22,000円
白ロム割引
(店舗独自割引)
▲28,467円
割引適用後実質23円

iPhone 13:iPhone 14よりお得な案件も登場

iPhone 13は、iPhone 15登場までは投げ売りiPhoneの定番モデルでした。

iPhone 14が投げ売りされるようになってからは同じ価格で実質投げ売りが実施されることが多いんですが、最近は一部店舗で差別化のためポイント還元が追加されているケースが登場しています。

還元額は1万円分くらいのことが多いですね。

また、ポイント還元が無くても契約プランなどの条件がiPhone 14より緩いケースもあります。

店頭のポップを一見するとiPhone 14と同じように見えても、細かい条件などが違う場合があるのでしっかりチェックするようにしましょう。

※ドコモの場合

iPhone 13(128GB)
ドコモ定価138,380円
いつでもカエドキプログラム
実質負担額
実質47,740円
MNP割引▲22,000円
白ロム割引
(店舗独自割引)
▲25,717円
割引適用後実質23円+ポイント還元1万円分

注目は一括投げ売り、12月がラストチャンスか

12月27日に施行される新たな値引き規制前の駆け込み需要のため、ここ最近はiPhoneの投げ売りが再び活発になってきています。

キャリア側も型落ちモデル中心に今のうちに在庫をさばきたいと思われます。

特に、一括投げ売りは今後行いにくくなる可能性が高いため、今がラストチャンスになるかもしれません。

気になる端末があればお早めに量販店などの売り場をチェックすることをおすすめします。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2024年6月】iPhone 14 今から買うのはアリ?スペックや最新価格・投げ売り情報をチェック【回線契約なし・端末のみ購入】

今回は、iPhone 14を今から買うのはアリなのか、iPhone 15との比較や最新の投げ売り情報などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


今回の動画はこちら!

iPhone 14を今から買うのはアリ?iPhone 15とスペック比較

引用:Apple

iPhone 14と最新のiPhone 15の主な違いはSoCとカメラの2つです。

SoCはiPhone 14がA15 Bionic、iPhone 15がA16 Bionicを搭載しています。

実際の処理性能は若干向上という感じで、大幅に向上したわけではありません。

そもそも、どちらも高性能なので実使用においてそこまで違いは無いですね。

iPhone 14を今から買っても、普通に利用していてストレスを感じることは基本的には無いでしょう。

引用:Apple

カメラはiPhone 15でメインの広角が48MPに高画素化しています。

2機種を比べると、確かに48MPの方が綺麗に撮影できますが、12MPのiPhone 14でも普段使いなら十分綺麗に撮影可能です。

特別こだわりがある方で無ければ、iPhone 14でも特段問題ないのではないでしょうか。

サイズは大きく変わらず、どちらも手に収まりやすいちょうど良い大きさです。

バッテリー持ちはiPhone 15で少し向上したものの、iPhone 14もそこまで悪くなく、1日は問題なく利用可能です。

その他の基本的な使い勝手は特に変わらないので、iPhone 14は今から買っても十分実用的と言えます。

iPhone 14iPhone 15
発売日2022年9月16日2023年9月22日
SoCA15 BionicA16 Bionic
メモリ6GB6GB
GeekBench6シングル:2,253
マルチ:5,613
シングル:2,422
マルチ:5,886
3Dmark2,855(Wild Life Extreme)3,249(Wild Life Extreme)
ディスプレイ6.1インチ 60Hz駆動有機EL6.1インチ 60Hz駆動有機EL
本体サイズ71.5×146.7×7.65mm71.6×147.6×7.8mm
重量173g171g
バッテリー容量3,279mAh3,349mAh
GSMArena
バッテリーテスト
90h98h
メインカメラ12MP(広角F1.6)
12MP(超広角F2.4)
48MP(広角F1.6)
12MP(超広角F2.4)

【2024年6月】iPhone 14最新価格情報

続いて、 iPhone 14の2024年6月最新の価格情報を紹介します。

アップルストア

アップルストアでは現在も販売が継続されています。

価格は112,800円からとなっています。

発売時から値下げされてはいるものの、中古などの白ロム相場を考えるとそこまで安くはありません。

ただ、キャリアよりは安いので、新品を一括購入したい方は選択肢に入れるのも悪くないと思います。

ドコモ

ドコモの iPhone 14の定価は124,465円です。

定価は高いので一括購入はおすすめしません。

注目はいつでもカエドキプログラムの実質負担額です。

2年後に端末を返却すれば支払額は22,033円で済みます。

他キャリアは44,000円前後のことが多く、ドコモが特別安いという状態です。

回線契約なしでもこの価格なので、かなりおすすめですね。

また、オンラインショップではMNPで9,900円の割引が実施されており、割引を適用すると2年後返却12,133円になります。

MNP割引の額は他社より少ないため、回線契約ありの場合は他社の方がおすすめです。

iPhone 14(128GB)
定価124,465円
いつでもカエドキプログラム実質負担額22,033円
割引(オンラインショップ)▲9,900円
割引適用後一括114,565円
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質12,133円

au

auの定価は127,900円です。

キャリアの中でも最も高いので、割引なしだと一括購入はおすすめしません。

スマホトクするプログラムを使う場合、2年間44,047円で利用可能です。

割引なしの状態だと、先ほど紹介した22,000円ほど安いドコモの方がおすすめです。

ただ、auの魅力は44,000円のMNP割引です。

割引を適用すると一括83,900円、スマホトクするプログラム利用で2年間実質47円で利用することができます。

2年レンタルとMNP割引の組み合わせは月2円の投げ売り状態です。

一括、2年レンタルともに割引適用後の価格はかなり安いので、au以外の回線を利用している方はこの割引を利用してみてはいかがでしょうか。

また、新規契約なら11,000円、機種変更は5,500円の割引もあります。

MNP以外で割引があるキャリアは少ないので、こちらもauの魅力と言えるでしょう。

iPhone 14(128GB)
定価127,900円
スマホトクするプログラム実質負担額44,047円
MNP割引▲44,000円
割引適用後一括83,900円
スマホトクするプログラム:2年後返却実質47円

ソフトバンク

ソフトバンクもauと似た価格設定になっています。

定価が127,440円、新トクするサポート(スタンダード)は2年後返却実質44,016円に設定されています。

ソフトバンクでは、MNPまたは22歳以下の新規契約で43,968円の割引が適用されます。

割引適用後の価格は一括83,472円、2年レンタル実質48円の投げ売り状態です。

auと同様にかなり安いのでおすすめですね。

乗り換え予定の回線がどのキャリアかによって、ソフトバンクかauを選んでみてはいかがでしょうか。

また、22歳以下の新規契約でも約4.4万円の割引があるのがソフトバンクの特徴です。

安くiPhoneを利用したい学生さんなどにおすすめです。

iPhone 14(128GB)
定価127,440円
新トクするサポート(スタンダード)実質負担額44,016円
割引▲43,968円
割引適用後一括83,472円
新トクするサポート(スタンダード):2年後返却実質48円

楽天モバイル

楽天モバイルの定価は120,800円です。

キャリアの中では最安だが、アップルストアよりは高い価格となっています。

iPhoneアップグレードプログラムを使うと、2年後返却実質60,384円になります。

2年レンタルの負担額は他社と比べて高いので、あまり魅力的ではありません。

楽天モバイルでは、契約種別を問わず、回線契約をすることで20,000円の割引が適用されます。

ただし、この割引はアップグレードプログラムとの併用ができないため、結果的に他キャリアよりもお得度合いは劣ります。

今から楽天モバイルで iPhone 14を購入するのはおすすめできないですね。

iPhone 14(128GB)
定価120,800円
iPhoneアップグレードプログラム実質負担額60,384円
割引▲20,000円
※アップグレードプログラムとの併用不可
割引適用後一括100,800円

回線契約無し、端末のみ購入なら白ロムがおすすめ

引用:イオシス

iPhone 14の白ロム相場は7万円台後半から12万円前後となっています。

状態のいい中古Aランクでも9万円前後から買えるようになっています。

型落ちモデルということもあり、在庫は豊富にあるので、好きなカラーやストレージのモデルが選びやすいという魅力もあります。

回線契約なしの一括購入であれば、やはり白ロムがおすすめです。

iPhone 14
イオシス77,800円(中古C利用制限▲)~119,800円(未使用品)
じゃんぱら77,980円(128GB中古C)~116,980円(未使用品)

iPhone 14は安くてまだまだ実用的なコスパモデル

iPhone 14は性能的にもまだまだ十分実用的な一台です。

サポート期間も長いので、今から買っても普通にメイン機として長く利用できると思います。

それでいて価格も安く、キャリアでは割引も充実しています。

回線契約なしで2年レンタルを利用するならドコモがお得です。キャリアの回線維持費は高いので、この利用方法は非常におすすめです。

MNP割引ありならauやソフトバンクが安いですね。回線維持費が多少高くても構わない場合は、こちらもおすすめです。

また、回線契約なしの一括購入ならイオシスなどの白ロムをおすすめします。

購入方法に合わせて購入先を選んでみてはいかがでしょうか。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 15&iPhone 14 投げ売り・値下げキャンペーン最新情報【ドコモ・au・ソフトバンク】【2024年4月】

今回は、iPhone 15、iPhone 14の投げ売りについて、2024年4月の最新情報を紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


ドコモのiPhone 15/14の最新情報

ドコモではiPhone 15(128GB)で44,000円の割引が実施されています。

オンラインショップでの条件は他社からの乗り換えです。

オンラインショップだと22,000円の割引にしているキャリアが多いですが、ドコモでは44,000円の割引がオンラインショップでも利用できる点が魅力ですね。

一部店舗では新規でも同様の割引を行っている場合もあり、その場合は月額550円〜のirumoの契約も対象になっていることがあります。

割引を適用した場合の価格は一括105,490円、いつでもカエドキプログラムを利用すると2年後返却実質31,570円になります。

特に新規、irumoの契約でも44,000円の割引が受けられるのはかなりお得なので、実施している店舗があれば非常におすすめです。

iPhone 15(128GB)
定価149,490円
いつでもカエドキプログラム実質負担額75,570円
割引▲44,000円
割引適用後一括105,490円
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質31,570円

さらに、iPhone 14は一部店舗で2年後返却実質23円の施策が実施されています。

月1円で利用できる形ですね。

オンラインショップだとMNPで9,900円の割引なんですが、一部店舗で割引額22,010円に設定している場合があります。

22,010円の割引がある店舗では、いつでもカエドキプログラム利用で2年後返却実質23円になります。

iPhone 14(128GB)
定価124,465円
いつでもカエドキプログラム実質負担額22,033円
割引(オンラインショップ)▲9,900円
割引(一部店舗)▲22,010円
割引適用後一括102,455円
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質23円

auのiPhone 15/14の最新情報

auでもiPhone 15の44,000円割引が実施されていて、価格はドコモと近いですね。

ただし、ドコモのように新規でも同様の割引が行われておらず、店舗でも乗り換えのみが対象です。

auの特徴は128GB以外のモデルも対象になっていることで、256GBや512GBのモデルを安く利用したい方はauをチェックしてみてください。

iPhone 15(128GB)iPhone 15(256GB)iPhone 15(512GB)
定価145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム実質負担額76,820円87,630円107,985円
MNP割引▲44,000円▲44,000円▲44,000円
割引適用後一括101,640円
スマホトクするプログラム:2年後返却実質32,820円
一括122,780円
スマホトクするプログラム:2年後返却実質43,630円
一括162,930円
スマホトクするプログラム:2年後返却実質63,985円

また、iPhone 14は2年後に端末を返却するスマホトクするプログラムがお得です。

回線契約無しの場合は2年後返却実質22,047円となっています。

auではオンラインショップ含め、22,000円のMNP割引が実施されているので、割引を適用すれば実質負担額は2年後返却実質47円になります。

性能的にもまだまだアリなので十分おすすめです。

iPhone 14(128GB)
定価127,900円
スマホトクするプログラム実質負担額22,047円
MNP割引▲22,000円
割引適用後一括105,900円
スマホトクするプログラム:2年後返却実質47円

ソフトバンクのiPhone 15/14の最新情報

ソフトバンクの特徴はiPhone 15の1年レンタルを行っていることです。

1年後にiPhone 15を返却すれば、端末のみでも実質21,996円で利用することができます。

また、ソフトバンクではMNPで21,984円の割引があるので、割引を適用すれば実質12円で1年間使えるようになります。

オンラインショップでは22歳以下の新規契約も割引対象です。

1年後の返却がネックになりますが、それでも十分安いと思います。

iPhone 15(128GB)
定価142,920円
新トクするサポート(バリュー)実質負担額21,996円
割引▲21,984円
割引適用後一括120,936円
新トクするサポート(バリュー):1年後返却実質12円

ソフトバンクでも、iPhone 14は従来の2年レンタルで安く利用することが可能です。

端末のみレンタルの場合は実質22,008円となっており、こちらもMNP割引を適用すれば2年後返却実質24円になります。

iPhone 14(128GB)
定価127,440円
新トクするサポート(スタンダード)実質負担額22,008円
割引▲21,984円
割引適用後一括105,432円
新トクするサポート(スタンダード):2年後返却実質24円

各社そこそこお得、iPhone 15/14どっちもおすすめ

iPhone 15はドコモ、auが44,000円の割引が実施されており、ソフトバンクでは1年後返却実質12円で利用できます。

特に、ドコモ一部店舗の新規・irumo対象の44,000円割引はかなりお得ですね。

また、1年後の返却に問題が無ければ、ソフトバンクの1年後返却実質12円もおすすめです。

一方で、iPhone 14は各社ほとんど同じ価格設定となっています。

ドコモのみ、オンラインショップの割引が少ないので、値引き額が多めの実店舗を探すことをおすすめします。

総務省からの指導や2023年末の新値引き規制などの影響で2年レンタルを利用した投げ売りが多くなっており、残念ながら一括購入できる本当の意味での投げ売りは減ってきています。

また、各社とも割引を受けるには他社からの乗り換えが必要な場合が多く、その場合は月々の通信費が高くなってしまいます。

通信費も含めて安く利用したい場合は、イオシスなどで白ロムを購入して、格安SIMで運用するのもおすすめです。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【実質12円】iPhone 15が投げ売りでかなりお得!【ソフトバンク】新トクするサポート(バリュー)の注意点も解説

今回は、ソフトバンクがiPhone 15の月1円レンタルを開始したので、詳しく解説していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


ソフトバンクがiPhone 15の月1円レンタルを開始

引用:アップル

ソフトバンクは2024年1月20日に、iPhone 15(128GB)を新トクするサポート(バリュー)の対象に追加しました。

新トクするサポート(バリュー)は昨年末から始まった新値引き規制に対応した新しい端末購入補助プログラムで、1年後に端末をソフトバンクに返却することで残価の支払いが免除される仕組みになっています。

プログラム開始当初はiPhone 14が対象だったんですが、入れ替わる形でiPhone 15が対象機種に追加されました。

引用:ソフトバンク

iPhone 15は、ソフトバンクでの定価は142,920円になっていますが、新トクするサポート(バリュー)を利用して1年後に本体を返却すれば支払総額は21,996円になります。

さらに、他社からの乗り換えまたは22歳以下の新規契約を伴う場合は、21,984円の割引が適用されます。

この割引を適用して1年後に返却した場合、実質負担額はわずか12円です。

かなり攻めた内容ですが、月1円で最新iPhoneを1年間使える仕組みになっています。

iPhone 15(128GB)
ソフトバンク定価142,920円
新トクするサポート(バリュー)
実質負担額
1年後返却実質21,996円(1,833円/月)
MNP割引▲21,984円
割引適用後1年後返却実質12円(1円/月)

新トクするサポート(バリュー)の注意点

ここからは新トクするサポート(バリュー)を利用する上での注意点を紹介します。

引用:ソフトバンク

1つ目の注意点として、新トクするサポート(バリュー)は1年後の端末返却を前提としているということが挙げられます。

つまり、13ヶ月目からは月の支払額が高くなるので、基本的には1年後にソフトバンクに端末を返すのがおすすめです。

13ヶ月目以降に端末が返却できなくなるわけではないんですが、お得感が薄れていくので少し遅れたとしても早めの返却がおすすめです。

引用:ソフトバンク

2つ目の注意点は、返却後にソフトバンクの査定基準を満たしていない場合、22,000円の追加料金が発生するという点です。

ただ、査定基準を満たさないのは「電源が入らない」「表示不良」「本体の割れ」などの明らかな破損、故障の場合となっています。

日常利用で生じる傷程度なら問題ないので、そこまで心配しすぎる必要はありませんが、基本的にはケースなどの保護アクセサリーの利用がおすすめです。

また、有料のあんしん保証パックサービスに加入しておけば追加料金は免除や減額されるので、心配な方はこちらもチェックしておきましょう。

3つ目の注意点は、分割払いなので審査が行われるという点です。

新トクするサポート(バリュー)は48回の分割払いがベースになっているので、個人の信用情報の審査が行われます。

過去のソフトバンクとの契約や申し込んだ契約種別などによって審査落ちすることがあるので、注意しましょう。

実質12円のiPhone 15はどんな人におすすめ?

新トクするサポート(バリュー)は、基本的に1年後には端末を返すので1年後の機種変更が苦じゃないことが大前提ですね。

逆に言えば、毎年最新機種に乗り換えていきたい人にはかなりピッタリなプログラムと言えます。(iPhone 16が同様に月1円でレンタルできるかは別ですが…)

機種変更時に旧端末の処分(売却など)が面倒な人にとっては、キャリアに回収してもらえるのは楽なのではないでしょうか。

その他の販売価格

アップルストアでのiPhone 15の定価は124,800円〜で、キャリアでの販売価格は14〜約15万円となっています。

キャリアの定価はかなり高いので、新品の一括購入なら基本的にはアップルストアがおすすめです。

2年返却の従来通りの残価設定プログラムはドコモ、au、楽天モバイルで利用可能です。

実質負担額は楽天モバイルが約7万円、ドコモ、auが約7.5万円となっています。

2年レンタルで安く使いたい場合は、auでMNP割引を適用し、2年後返却実質5万円台で利用するのがおすすめです。

とはいえ、回線契約無しでも実質約2万円で1年間利用できる新トクするサポート(バリュー)はかなり安いですよね。

iPhone 15をとにかく安く使いたい人は、ソフトバンクの新トクするサポート(バリュー)をチェックしてみてはいかがでしょうか。

引用:イオシス

一括購入で安く済ませたい人には中古白ロムがおすすめです。

現在は10万円前後から購入可能で、中古Aや未使用品でも11万円台で購入できるので結構安くなってきましたね。

一括購入したiPhone 15を綺麗な状態で使えば、1年後や2年後に売却することでソフトバンク並みに実質的な負担は軽くできるのではないでしょうか。

iPhone 15
アップルストア124,800円~
ドコモ149,490円~
いつでもカエドキプログラム:実質75,570円〜
※新規・MNP20,000ポイント還元
au145,640円~
スマホトクするプログラム:実質76,820円~
※新規11,000円引き、機種変更5,500円引き、MNP22,000円引き
ソフトバンク145,440円〜
新トクするサポート(バリュー):実質21,996円〜
※MNP、22歳以下新規21,984円引き
楽天モバイル140,800円〜
買い替え超トクプログラム:実質70,392円〜
※初めて申込みかつMNPで6,000ポイント還元
初めて申込みかつiPhone 15購入で6,000ポイント還元
イオシス99,800円~(中古C利用制限△)
じゃんぱら103,990円~(中古B)

最新iPhoneを安く使いたい人にはおすすめ

iPhone 15が1年間実質約2万円で使える、新トクするサポート(バリュー)はかなり安いですね。

最新iPhoneでも投げ売りと言える価格にできているので、やはりソフトバンクのやり方は上手いと言えるでしょう。

iPhone 15自体も、質感がかなり良く非常におすすめな一台なので、最新iPhoneをとにかく安く使いたかった人はチェックしてみることをおすすめします。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2023年11月】【投げ売り終了?】iPhone 15はいつ投げ売りになるのか?新値引き規制の影響は?

今回は、iPhone 15がいつ投げ売りになるのか、予想も含めて解説していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 15の概要

引用:アップル

iPhone 15は2023年9月に登場したiPhoneの最新モデルです。

久しぶりに変更点が多い無印iPhoneで、以下のようなポイントが前モデルから変更されています。

  • 背面の質感がマットに
  • Dynamic Island採用
  • USB-C端子採用
  • メインカメラが48MPに

全体的には、これまで通り取り回しも良く、普段使いしやすい一台に仕上がっています。

iPhone 15
発売日2023年9月22日
SoCA16 Bionic
メモリ6GB
Geekbench6シングル:2,422
マルチ:5,886
3DMark3,249(Wild Life Extreme)
ディスプレイ6.1インチ 60Hz駆動有機EL
本体サイズ71.6×147.6×7.8mm
重量171g
バッテリー容量3,349mAh
GSMArena
バッテリーテスト
98h
メインカメラ48MP(広角F1.6)+12MP(超広角F2.4)

iPhone 15の投げ売りの現在の状況

2023年11月時点では、iPhone 15の投げ売りは基本的に行われていません。

最近のiPhoneの投げ売りはiPhone 14やiPhone 13といった型落ちモデルが中心になっています。

内容はMNP+残価設定プログラムの利用で実質23円、24円、47円などがあります。

2年後に端末を返却する必要があるので投げ売りと呼ぶには微妙ではありますが、今はこのような形が主流です。

iPhone 15の投げ売りが行われるとすれば…

直近でiPhone 15が投げ売りされる可能性があるのは以下のような時期が考えられます。

  • 2023年から2024年にかけての年末年始
  • 年度末+新生活シーズンの2024年2~4月

しかしながら、最近はこれらの時期でも普段以上にお得な投げ売りが行われることが少ないので、期待しすぎるべきではありません。

また、おそらく大々的に行われるのではなく、ごく一部ショップ、出張店舗、サテライトショップなどで細々と行われる可能性があるという感じです。

価格も実質24円など極端なものではなく、実質9,800円前後に留まる可能性も考えられます。

基本的には、大々的にiPhone 15の投げ売りが始まるのは次期モデルであるiPhone 16シリーズの登場後だと思っておきましょう。

iPhone 14と同様に型落ちになってから投げ売りが始まる可能性が高い、ということですね。

気になるのは新たな値引き規制

総務省では、キャリアの極端な投げ売りに対する規制について検討を重ねてきました。

そして、今後実質24円などの投げ売りに対する新たな値引き規制が行われる見通しです。

新規制の要点は以下の通りです。

  • 回線セット割引と端末単体割引(店舗独自割引)の併用禁止
  • 4万円未満の端末の割引上限は2万円
  • 4~8万円の端末の割引上限は販売価格の50%
  • 8万円以上の端末の割引上限は4万円

この規制は2023年内に実施される予定で、結果的に今行われているような投げ売りはできなくなります。

規制に従えば、安くできても残価設定プログラムの実質負担額-4万円が上限なので、残価設定プログラムの実質負担額を極端に下げないと今のような投げ売りはできません。

まだ規制は始まっていませんが、先日発売されたPixel 8の場合、実際に残価設定プログラムの実質負担額をかなり安くしたキャリアもありました。

そのため、同様に残価設定プログラムの実質負担額を調整することが今後増えてくるかもしれません。

今iPhone 15を安く買うなら

引用:イオシス

iPhone 15のアップルストアでの定価は124,800円からとなっています。

各キャリアの定価は約14~15万円前後からです。

とにかく負担を減らしたいならキャリアの残価設定プログラムの利用がおすすめです。

さらにauやソフトバンクでMNP割引を適用すれば実質5万円ほどになるので、非常にお得感があります。

2年レンタルなどではなく、一括購入で安く済ませたい場合は白ロム専門店がおすすめです。

現在は12万円弱から購入可能となっています。

まだまだ新しいモデルなので、比較的状態の良い商品が多いですね。

ある程度リテラシーがある方は白ロムを一括購入して、後々売却するのもアリではないでしょうか。

iPhone 15
アップルストア124,800円~
ドコモ149,490円
いつでもカエドキプログラム:実質75,570円〜
※MNP20,000ポイント還元
au145,640円~
スマホトクするプログラム:実質71,760円~
※新規/機種変更11,000円引き、MNP22,000円引き
ソフトバンク145,440円〜
新トクするサポート:実質74,640円〜
※MNP21,984円引き
楽天モバイル140,800円〜
買い替え超トクプログラム:実質70,392円〜
※初めて申込みかつMNPで6,000ポイント還元
初めて申込みかつiPhone 15購入で6,000ポイント還元
イオシス117,800円~(中古A)
じゃんぱら118,980円~(中古A)

iPhone 15は年末年始からの動きに注目!

iPhone 15の投げ売りが出てくるとすれば2023年末から年度末にかけてだと考えられます。

大々的には行われないと思われますが、見つかればかなり魅力的ですね。

また、新規制が実施されると思われるので、投げ売りの形態も少しずつ変わっていく可能性もあります。

それも含めて今後の動向に注目です。

今の段階では残価設定プログラムやMNP割引などの活用が負担を減らしやすい方法となっています。

そして、iPhoneはリセールバリューが高いので、後々売却するつもりで今一括購入するのも十分おすすめです。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2024年4月投げ売り】iPhone 14 今から買うのはアリ?割引情報をまとめて紹介!【回線契約無し・端末のみ購入でも安い】

今回は、iPhone 14の投げ売りについて、2024年4月最新の情報を紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 14の概要

引用:Apple

iPhone 14は2022年に発売されたiPhoneの標準モデルです。

SoCはA15 Bionicを搭載しており、世代的には2021年のチップですがまだまだ高性能で十分実用的と言えます。

ディスプレイサイズは6.1インチで扱いやすいサイズ感ながらも、バッテリー持ち十分で1日は問題なく利用可能です。

引用:Apple

カメラも普段使いなら十分な性能です。

望遠カメラは非搭載なので、ズーム性能重視の方は望遠カメラ搭載のProモデルがおすすめです。

全体的に普段使いなら十分な性能が揃っている上、型落ちモデルなので安く買いやすくなってきている点も魅力の一台です。

iPhone 14
発売日2022年9月16日
SoCA15 Bionic
メモリ6GB
GeekBench6シングル:2,253
マルチ:5,613
3Dmark2,855(Wild Life Extreme)
ディスプレイ6.1インチ 60Hz駆動有機EL
本体サイズ71.5×146.7×7.65mm
重量173g
バッテリー容量3,279mAh
GSMArena
バッテリーテスト
90h
メインカメラ12MP(広角F1.6)+12MP(超広角F2.4)

【2024年4月】iPhone 14最新投げ売り情報

それでは、各キャリアごとにiPhone 14の最新投げ売り情報を紹介します。

ドコモ

引用:Apple

ドコモのiPhone 14の定価は124,465円で、いつでもカエドキプログラムを利用すると2年後返却実質22,033円になります。

オンラインショップではMNPで9,900円の割引が実施されており、新規の場合は9,000ポイントの還元が受けられます。

割引を適用した場合、一括購入なら114,565円、いつでもカエドキプログラムだと2年後返却実質12,133円になります。

他社の割引と比べると金額的に物足りなさはありますが、極端に高いわけではないと思います。

iPhone 14(128GB)
定価124,465円
いつでもカエドキプログラム実質負担額22,033円
割引(オンラインショップ)▲9,900円
割引適用後一括114,565円
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質12,133円

また、ドコモの一部店舗ではMNP割引が22,010円に設定されている場合もあります。

この割引はいつでもカエドキプログラムを使って2年後返却実質23円にするためのもので、他社の割引と同等の価格になります。

一括購入でこの割引を利用した場合は102,455円です。

ドコモでiPhone 14を買う場合は、オンラインショップよりも割引の高い実店舗を探すのがおすすめですね。

ただし、ショップだとプランが指定されていたり、手数料を取られたりすることもあるので注意しましょう。

iPhone 14(128GB)
定価124,465円
いつでもカエドキプログラム実質負担額22,033円
割引(一部店舗)▲22,010円
割引適用後一括102,455円
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質23円

au

auではiPhone 14の定価は127,900円、スマホトクするプログラム利用で2年後返却実質44,047円という設定になっています。

auでは、オンラインショップ含め、MNPで44,000円の割引が利用可能です。

割引適用後の価格は、一括購入だと83,900円、スマホトクするプログラム利用で2年後返却実質47円になります。

オンラインショップでも2年後返却なら投げ売りらしい価格で利用できるのはauの魅力ですね。

さらに、auでは機種変更で5,500円、新規契約で11,000円の割引もあるので、契約種別に関わらずお得になる点も嬉しいポイントです。

iPhone 14(128GB)
定価127,900円
スマホトクするプログラム実質負担額44,047円
MNP割引▲44,000円
割引適用後一括105,900円
スマホトクするプログラム:2年後返却実質47円

ソフトバンク

ソフトバンクではiPhone 14の定価は127,440円、新トクするサポート(スタンダード)利用の場合は2年後返却実質22,008円となっています。

オンラインショップではMNPで21,984円の割引が利用可能なので、割引適用後の価格は一括105,432円、新トクするサポート(スタンダード)で2年後返却実質24円です。
MNP割引と新トクするサポート(スタンダード)を組み合わせれば、月1円で2年間利用できる形ですね。

また、オンラインショップでは22歳以下の新規契約でも同様の割引が利用できるので、学生さんなどはソフトバンクを要チェックです。

iPhone 14(128GB)
定価127,440円
新トクするサポート(スタンダード)実質負担額22,008円
割引▲21,984円
割引適用後一括105,432円
新トクするサポート(スタンダード):2年後返却実質24円

格安SIMでもお得に購入可能

iPhone 14はIIJmio、mineoといった格安SIMでも販売中です。(IIJmioは完全な新品ではなく未使用品)

IIJmioではiPhone 14の定価は109,800円となっています。

さらに、他社からIIJmioに乗り換えの場合、1万円引きの99,800円で購入可能です。

mineoの定価は122,760円で、他社からの乗り換えの場合は107,360円、機種変更だと117,260円になります。

本体代はキャリアの2年レンタルより高くなりますが、格安SIMなら回線の維持費が安く済ませられるのでおすすめです。

iPhone 14
IIJmio定価:109,800円
他社からの乗り換え:99,800円
mineo定価:122,760円
他社からの乗り換え:107,360円
機種変更:117,260円

回線契約無し、端末のみ購入なら白ロムがおすすめ

引用:イオシス

iPhone 14は型落ちになったこともあり、白ロム市場でもそこそこ安くなってきています。

安いものだと7~8万円前後、中古Aランクでも10万円弱で買えるものが多いですね。

在庫の数も多く、好きなカラー、ストレージ容量から選ぶことができます。

結構安いので、回線契約無しの一括購入で安く買うならやはり白ロムがおすすめですね。

iPhone 14
イオシス87,800円(128GB中古C)~134,800円(512GB未使用品利用制限▲)
じゃんぱら69,800円(128GB中古C)~116,980円(256GB未使用品)

安くてまだまだ使えるおすすめなiPhone

iPhone 14は型落ちながら性能的にはまだまだ実用的なモデルです。

それでいてキャリアでは割引が充実しており、どのキャリアでも残価設定プログラムとMNP割引を使えば月1円などで利用することができます。

さらに、iPhone 14は格安SIMや白ロムでもお得に購入可能です。

iPhone 14は安く買う方法が充実しており、コスパで選ぶならかなりおすすめなiPhoneと言えます。

最近は在庫が減ってきているキャリアもあるので、気になる方はお早めにチェックしてみてください。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2024年1月】iPhone 14 Proは1円投げ売りキャンペーンで買えるのか?どこで買えるのか?【実質・一括・契約なし】

1世代前になりましたがiPhoneのProシリーズであるiPhone 14 Pro。投げ売りキャンペーンなどでお得に購入できるのか見ていきましょう。

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 14 Proセール価格【過去の実績】

【2024年1月】iPhone 14 Pro投げ売り価格

iPhone 14 Proはもともと投げ売りに選ばれるようなモデルでもないのですが、過去には下記のように本当にごく一部のショップで投げ売りが実施されたこともありました。

しかし、2024年1月現在は2023年末に実施された新値引き規制の影響もあり、大きな投げ売りは実施されていない状態です。

今おすすめはどちらかといえばソフトバンクでのiPhone 15円施策です。

【2023年3月】iPhone 14 Pro投げ売り価格

2023年3月、一部のドコモショップ(東京都内のサテライトショップ)にてiPhone 14 Proは以下のキャンペーン価格で販売されていました。

機種/容量負担額(月額)残価機種値引回線特典通常販売価格
iPhone 14 Pro 128GB¥6,900¥300¥86,760-¥58,470-¥22,000¥174,130
iPhone 14 Pro 256GB¥16,790¥730¥99,000-¥61,090-¥22,000¥198,880

この価格はいずれも、他社からの乗り換え(MNP)かつ、返却プログラム「いつでもカエドキプログラム」へ加入が条件となっています。

つまり、2年間この負担額で本体をレンタルできるということです。

契約翌月より23ヶ月目に機種本体をドコモに返却した場合、残価の支払いが免除され、この金額になります。

回線契約なし(端末のみ購入)は22,000円高くなる

回線契約なし(端末のみ購入)で入手する場合は、MNP(回線特典)割引が適用されないため、22,000円値段が上がります。

機種/容量端末のみ購入時
負担額
残価機種値引通常販売価格
iPhone 14 Pro 128GB¥28,900¥86,760-¥58,470¥174,130
iPhone 14 Pro 256GB¥38,790¥99,000-¥61,090¥198,880

【2023年1月】iPhone 14 Pro投げ売り価格

2023年1月、一部のドコモショップ(東京都内)にてiPhone 14 Proは以下のキャンペーン価格で販売されていました。

iPhone 14 Pro(128GB)
本体価格189,530円
①店舗独自割引△80,747円
②5G WELCOME割△22,000円
③いつでもカエドキプログラム△86,760円
最終負担額実質23円(1円×23か月)

この価格は、他社からの乗り換え(MNP)かつ、残価設定返却プログラム「いつでもカエドキプログラム」へ加入が条件となっています。

つまり、2年間この負担額で本体をレンタルできるということです。

値引き規制強化の流れなので注意

現在、総務省を含めたワーキンググループにて、過度な値引きを規制する流れになっています。2023年中も何度も話し合いの場が持たれてきましたが、この流れは止められず、2023年末(12月27日)には実施されます。

そのため、これほどの投げ売りは今後見られない可能性が高いです。

なぜiPhone 14 Proをこんな金額で販売しているのか

販売店側から見ても、この金額でのiPhone 14 Proの販売は相当な赤字になっていると推測されています。

しかし、それでも実施しているということは、iPhone販売のノルマ、回線契約のノルマの両方がかなり厳しい店舗であると推測されます。これらのノルマ制度は過去に何度も報道されている通りです。

iPhone販売台数ノルマに未達であればペナルティ、回線契約のノルマに未達であればショップのランクが落ち、取り扱える内容や支援が受けにくくなってしまうためです。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【iPhone 14】【2023年10月最新投げ売り情報】ついにiPhone 14実質23円登場!iPhone 15発売で型落ちモデルがお得に 【導入】

今回は、iPhone 14の投げ売り情報ついて、詳しく紹介していきたいと思います。スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 14の投げ売りについて

引用:アップル

これまでiPhoneの投げ売りはiPhone 13とiPhone SE(第3世代)が主流でした。

iPhone 14の投げ売りはごくまれにサテライトショップなどで行われていた程度で、基本的にはほとんどありませんでした。

しかしながら、iPhone 15発売後徐々にiPhone 14も投げ売りが行われるようになってきたので、今回は詳しく紹介していきます。

【2023年10月】最近のiPhone 14の投げ売りについて

iPhone 14の投げ売りが確認できたのはドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアです。

価格については、ドコモは実質23円、auは実質47円、ソフトバンクは実質24円で、ついに投げ売りらしい価格になってきました。

ただし、これはあくまで最安価格で、どこの店舗でも同じ内容で行われているとは限らない点に注意が必要です。

いずれも10/7~10/9の三連休前後から開催されている模様で、それ以降も引き続き行われているので今後iPhone 13の投げ売りと交代になる可能性は高いと思います。

【2023年10月】ドコモのiPhone 14の割引内容

大幅割引の条件は他社からの乗り換えで、プランはメインプランのeximoに限定されています。ただし、22歳以下はプラン指定はありません。

ただ、通常の投げ売りだと22歳以下は新規契約も割引対象になることが多いですが、今回確認できた案件だと22歳以下でも新規契約では適用されないことになっていたので注意が必要です。

割引内容は、まず残価設定プログラムを適用することでユーザーの負担額は実質50,490円になります。
そこにMNP割引で22,000円、さらに端末のみでも適用される白ロム割引が28,467円で、すべて適用されると実質23円になるという形です。

iPhone 14(128GB)
ドコモ通常価格138,930円
残価設定プログラム
実質負担額
50,490円
MNP割引▲22,000円
白ロム割引▲28,467円
キャンペーン適用後実質23円

【2023年10月】auのiPhone 14の割引内容

auはiPhone 15の登場後に定価と残価設定プログラムの実質負担額を値下げしました。

その結果、投げ売りの割引が無くても残価設定プログラムは結構安い設定となっています。

今回確認できた案件のMNP割引の条件は以下の通りです。

  • 他社からの乗り換え
  • 22歳以下の新規契約
  • UQからauへ乗り換え

契約するプランが小容量のスマホミニプランだと対象外の場合もあるので注意しましょう。

auの残価設定プログラムの実質負担額は41,860円と設定されています。

そこにMNP割引が22,000円、白ロム割引が19,813円が加わって実質47円で2年間利用できるようになっています。

iPhone 14(128GB)
au通常価格129,990円
残価設定プログラム
実質負担額
41,860円
MNP割引▲22,000円
白ロム割引▲19,813円
キャンペーン適用後実質47円

【2023年10月】ソフトバンクのiPhone 14の割引内容

ソフトバンクもau同様に残価設定プログラムを利用すると、投げ売りじゃなくてもそこそこ安い設定です。

今回確認できた案件のMNP割引の条件は以下の通りです。

  • 他社からの乗り換え
  • 5~22歳の新規契約

※プランはメリハリ無制限+、ペイトク(30/50/無制限)、スマホデビュープラン+ベーシックに限定

ソフトバンクでのiPhone 14の実質負担額は41,784円です。

さらに、MNP割引が21,984円、白ロム割引が19,776円が投げ売りとして行われているという形ですね。

ソフトバンクは残価設定プログラムの返却が25ヶ月目、支払いが24回となっている点が他社と異なります。

iPhone 14(128GB)
ソフトバンク通常価格137,520円
残価設定プログラム
実質負担額
41,784円
MNP割引▲21,984円
白ロム割引▲19,776円
キャンペーン適用後実質24円

【2023年10月】iPhone 14の現在の価格

引用:じゃんぱら

アップルストアではiPhone 15登場後に定価が7,000円値下げされて112,800円から購入可能です。

投げ売りではない通常の購入方法だと、キャリアでは残価設定プログラム+MNPで実質2万円前後が最安ですね。

また、楽天モバイルは残価設定プログラムを使っても他社よりも高く、MNPなどで割引は無くポイント還元のみです。

そのため、楽天モバイルで普通に買うのはおすすめしません。また、投げ売りもあまり行われていません。

3大キャリアで買うなら、回線契約無しでも投げ売りを使った方がお得なので投げ売りの利用がおすすめです。

中古白ロムは現在8万円台から購入可能です。

状態の良いものでも定価よりは安いので、一括購入なら白ロムをおすすめします。

iPhone 14
アップルストア112,800円~
ドコモ138,930円~
いつでもカエドキプログラム:実質50,490円~
※MNP20,000ポイント還元
au129,990円~
スマホトクするプログラム:実質41,860円~
※新規11,000円引き、MNP22,000円引き、機種変更5,500円引き
ソフトバンク137,520円~
新トクするサポート:実質41,784円~
※MNP21,984円引き
楽天モバイル120,910円~
買い替え超トクプログラム:実質60,432円~
※初めて楽天モバイル申し込み+下取り利用で最大19,000ポイント還元
イオシス87,800円~(中古C)
じゃんぱら85,880円~(中古B)

ついにiPhone 14の買い時到来!新たな投げ売りの定番に?

iPhone 14はiPhone 13とスペックがほぼ同じだったため、これまではコスパが微妙な一台でした。

「投げ売りが始まれば…」という感じだったので、iPhone 14の投げ売りも始まった今、ついにおすすめできるようになりました。

また、iPhone 13の在庫もさすがに減ってきているはずなので、iPhone 14の投げ売りが定番化する可能性は高いです。

投げ売りは回線契約無しでも十分お得なので、気になる場合はお近くの量販店などをぜひチェックしてみてください。

iPhone 14のスペックなどはACTIVATEの動画やブログ記事にて詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2023年9月最新】iPhone 14 投げ売り情報!【返却なしはある?】今から買うのはアリ?【iPhone 15発売直前】【後日返却実質23円】【ドコモ・楽天モバイル】

今回は、iPhone 14の投げ売りについて、実際にお得なのか見ていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 14の投げ売りについて

引用:アップル

iPhone 14の投げ売りは、過去にはドコモ系のサテライトショップや、ごく一部の店舗で2年後返却の実質23円施策が実施されていたことがあります。

写真はイメージです。

これらの案件は2023年3月頃に一度確認されており、その後も都内の一部店舗で2023年8月に入ってから再度実施されていたとの情報もありました。

これらはMNPが前提にはなりますが、それでも非常にお得なものだと思います。

しかしながら、iPhone 14の投げ売り自体が非常にレアケースで、お目にかかるのも困難と言える状態でした。

楽天モバイルのiPhone 14投げ売りについて

引用:楽天モバイル

楽天モバイルではiPhone 14が実質10,001円で投げ売りされていたことがあります。

キャンペーンページによれば8月末までのキャンペーンとのことで、すでに終わってしまっているのが残念です。

ただ、ショップによっては同様のキャンペーンがまだ行われている可能性もありますし、iPhone 15も発売されたのでまた同じようなキャンペーンがあるのではと予想しています。

〈割引の内訳〉

引用:楽天モバイル

楽天モバイルで行われていた割引キャンペーンの内訳がこちらです。

まず、このキャンペーンでは2年後に端末を返却する残価設定プログラムを使うので、この時点で実質負担額は定価の約半額になります。

その上でキャンペーン特典として44,731円分のポイントが付与され、回線契約をすればさらに9,000円分のポイントが還元される仕組みです。

これによって実質10,001円になっているということですね。

ただし、他社の投げ売りだと店舗独自割引として端末代金が割り引かれるのに対し、楽天モバイルではポイント還元になっている点に注意が必要です。

つまり、他社の投げ売りだと実際に支払う額が減るのに対して楽天モバイルでは代金自体はきっちり支払わなければなりません。

また、回線契約無しの端末のみの場合はポイント還元が9,000ポイント減りますが、これは逆に端末のみでも実質19,001円で買えるということなのでかなりお得なキャンペーンだと言えます。

iPhone 14(128GB)
通常価格120,910円
残価設定プログラム
実質負担額
60,432円
キャンペーン特典44,731ポイント
回線契約特典9,000ポイント
キャンペーン適用後実質10,001円

iPhone 14の返却なしの投げ売りは存在するのか?

ここまで紹介してきた投げ売り案件はいずれも実質価格と呼ばれる、2年レンタル前提のものでした。

できれば一括案件と呼ばれる、返却なしの投げ売りが良いのですが、残念ながら現時点ではiPhone 14の返却なしの一括案件は確認されていません。

年末年始(12月末〜1月初旬)、年度末(3月付近)にキャンペーンが行われる可能性もあるので、少しは期待したいところです。

しかし、今年は昨年と比べても規制が厳しいため、そこまで期待できないというのが正直なところです。

iPhone 14の現在の価格

引用:じゃんぱら

アップルストアの定価は約11万円、キャリアは約12〜14万円前後となっています。

キャリアの投げ売りもiPhone 14は現時点ではそこまで行われていません。

白ロムも安くなってきたものの、さすがに実質1万円台のようには安くはなりません。

iPhone 14自体大きな弱点や不具合があるわけではないので、1万円台の投げ売りで買えるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

iPhone 14 価格
アップルストア112,800円~
ドコモ138,930円~
いつでもカエドキプログラム:69,690円
MNPで20,000ポイント還元
au129,990円~
スマホトクするプログラム:41,860円
新規11,000円引き、MNP22,000円引き、
機種変更5,500円引き
ソフトバンク140,400円~
新トクするサポート:60,840円
楽天モバイル120,910円~(当初131,800円~)
iPhoneアップグレードプログラム:60,432円~
(最大19,000円分ポイント還元)
イオシス94,800円~(中古B)
じゃんぱら83,980円~(中古C)

投げ売りが実施されていた場合非常におすすめ、他社の動きにも注目

iPhone 14は、ドコモ系で2年後返却実質23円の施策があるにはあるんですが、ほぼお目にかかれないというのが現実です。

割引ではなくポイント還元ではありますが、今回紹介した楽天モバイルで実質10,001円の案件はかなりお得だったと言えますね。

今後、iPhone 15が発売されたので型落ちになったiPhone 14の割引が増えてくる可能性も十分に考えられます。

楽天モバイルで同様のキャンペーンが再度行われることも十分あり得るかと思います。

また、今のところあまり動きが無い他キャリアがどう動くかにも注目ですね。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【投げ売り】iPhone 14 Plusの投げ売りはお得なのか?【1万円以下】今から買うのはアリ?iPhone 15発売で加速?

今回は、iPhone 14 Plusの投げ売りについて、実際にお得なのか見ていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 15・iPhone 14の最新投げ売り情報はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 14 Plusの投げ売りについて

引用:アップル

iPhone 14 Plusは2022年の年末年始に2年後返却実質24円(要MNP)が行われていました。

この頃は今よりも投げ売りが活発だった状況で、現在はiPhone 14 Plusの投げ売りはほとんど見なくなっていました。

最近のiPhone 14 Plusの投げ売りについて

写真はイメージです。

8月後半頃から、ごく一部のドコモショップでiPhone 14 Plusの投げ売りが行われています。

都心部のサテライトショップなど店舗はかなり限られている模様です。

内容はMNP+いつでもカエドキプログラムで2年後返却実質19,780円というもので、月額にすると825円になります。

iPhone 14 Plus(128GB)
ドコモ通常価格158,180円
残価設定プログラム
実質負担額
79,220円
MNP割引22,000円
白ロム割引37,440円
キャンペーン適用後実質19,780円

【2023年9月】iPhone 14 Plusがさらに安く「月々410円」に

その後さらに安くなり、ビックカメラのソフトバンクではiPhone 14 Plus 128GBモデルが「月々410円」の案内となっていました。

条件は引き続き他社からソフトバンクへの乗り換え(MNP)かつ新トクするサポートの加入となっています。

この場合、機種代金の負担額は月々410円(2年間総額9,840円)となります。

新トクするサポートは、残価設定プログラムなので、その期間は本体を大幅に安く利用できますが、2年後返却しないといけない点が注意です。

また、店舗によっては「メリハリ無制限+」または「ペイトク」を契約プランとして選択が強制されていることもあり、この場合月額の通信費が9,000円近くになるので、お得感が薄れる点も注意です。

回線維持費を安く済ませる方法

キャリアの投げ売りで気になるのが毎月の回線維持費ですよね。

大手キャリアのメインプランはかなり高いのでできれば安くしたい部分ではありますが、短期解約をしてブラックリスト入りするのは避けたいと思います。

これに対して、ドコモであればahamoやirumoへのプラン変更で対処可能です。

ahamoは月20GBで2,970円のオンライン専用プランで、irumoは新登場した他社のサブブランドに対抗するプランです。

irumoの場合、0.5GBプランであれば月額550円で維持可能なので回線維持費をかなり抑えることができます。

これらはドコモ本家のプランという形なので、ただのプラン変更扱いとなり短期解約には当たりません。

iPhone 14 Plusの現在の価格

引用:じゃんぱら

定価は約12.5万円で、3大キャリアの定価は15.8万円前後です。

楽天モバイルであれば残価設定プログラムを利用すると実質約6.8万円になるのでそこそこ安いですね。

とはいえ、これらの価格から考えると冒頭で紹介した2年間実質19,780円はかなり安いのではないでしょうか。

白ロムもまだ10万円前後なので、今投げ売りでiPhone 14 Plusが買えるならかなりおすすめです。

iPhone 14 Plus価格
アップルストア124,800円~
ドコモ158,180円~
いつでもカエドキプログラム:実質79,220円
au158,490円~
スマホトクするプログラム:実質80,730円
ソフトバンク158,400円~
新トクするサポート:実質82,440円
楽天モバイル135,900円~
買い替え超トクプログラム:実質67,944円
イオシス112,800円~(中古A)
じゃんぱら99,980円~(中古C)

iPhone 15シリーズ登場後に広く行われることに期待

iPhone 14 Plusが約2万円で2年間使えるのはかなり安いと思います。

また、ドコモはahamoやirumoの活用で回線維持費を安くしやすくなっている点も魅力的ですね。

ただし、現時点でiPhone 14 Plusの投げ売りはそこまでよく見かけるわけではありません。

似たような投げ売り案件がiPhone 15シリーズ登場後によく実施されるようになると非常におすすめです。

iPhone 14 Plus自体は価格を抑えつつ大画面のiPhoneが欲しい人にピッタリな一台なので、今後の動向に注目です。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2024年3月最新投げ売り】iPhone 13を投げ売りで買う?今から買うのはアリ?【端末のみ購入・回線なし契約】

今回は、2世代前のiPhone 13を今から買うべきか、現在行われている投げ売りに関する情報などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2024年3月現在】iPhone 13の投げ売り

ビックカメラ系ドコモショップにてiPhone 13の実質23円+5,000ポイント還元の投げ売り(2年間レンタル)を確認しました。

具体的には、MNP利用かついつでもカエドキプログラム適用で23ヶ月目にiPhone 13を返却した場合、実質23円+ビックポイント5,000ポイント還元になります。

(内訳:定価110,209円+乗り換え特典▲22,000円+店舗独自割引▲10円+キャリア負担残価▲88,176円)

MNPで返却なしの一括購入の場合は、88,199円+ビックポイント5,000ポイント還元という形です。

また、MNPなしの端末のみ契約のケースは、店頭のポップには案内がありませんでした。

本来は「MNPかついつでもカエドキプログラムで23ヶ月目に機種返却」のパターンに22,000円の上乗せのみで可能なはずなので、実質22,023円+5,000ポイント還元になると思われます。

(内訳:定価110,209円+店舗独自割引▲10円+キャリア負担残価▲88,176円)

iPhone 13のスペックをチェック

引用:Apple

iPhone 13のSoCはA15 Bionicです。

2世代前のチップですが処理性能はまだまだ高く、普段使いならストレスを感じることは基本的にはありません。

ディスプレイは6.1インチで本体サイズも比較的コンパクトですし、重量も173gなので取り回しは良いですね。

最新モデルやProモデルと比べれば劣るものの、カメラも普段使いなら十分実用的です。

iPhone 13は、iPhone 14とほとんど同じスペックなこともあり、まだまだ十分使える一台です。

iPhone 15で登場したUSB-C端子や高画素カメラにこだわらなければ、今から買うのは普通におすすめですね。

iPhone 13
発売日2021年9月24日
SoCA15 Bionic
メモリ4GB
GeekBench6シングル:2,200
マルチ:5,073
3Dmark2,456(Wild Life Extreme)
ディスプレイ6.1インチ 60Hz駆動有機EL
本体サイズ71.5×146.7×7.65mm
重量173g
バッテリー容量3,095mAh
メインカメラ12MP(広角F1.6)+12MP(超広角F2.4)

今から買ってサポート面は大丈夫か

アップル製品はアップルストアでの販売終了のタイミングでサポート期間が決まります。

販売終了から5年以上で修理サービスの対象外、販売終了から7年以上でアップデートの対象外になります。

そんな中、iPhone 13はアップルストアでは未だに販売が継続中なので、今買ってもまだまだ使っていけますね。

補償が欲しい人にはモバイル保険がおすすめ

ここでモバイル保険をご紹介したいと思います。

同じスマホを長く使うなら、気になるのが破損や故障のリスクですよね。特にiPhoneは長く使い続けたい方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがモバイル保険です。モバイル保険は、月額700円の支払いで年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる保険です。

利用時は、業者にて修理して、その場で料金支払い後、申請して保険金の支払いという流れになっています。

また、提携修理店の利用の場合は、その場の料金支払いが無いキャッシュレスリペアも利用可能です。

キャリアの補償プログラムやApple Careよりも断然安く、もしもの時に備えられる点が魅力的ですね。

他にも、ガジェットオタク的には以下のポイントでモバイル保険がおすすめです。

  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は意外と高いので、事前に備えておきたい方はぜひチェックしてみてください。

iPhone 13の価格情報

引用:イオシス

現在新品が購入できるのはアップルストア、楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイル、mineoなどです。

3大キャリアのオンラインショップではすでに販売終了となっているので、残価設定プログラムを使うなら楽天モバイル一択ですね。

新品一括購入ならアップルストアが最安で、MNP割引適用ならUQモバイルが92,720円で最安となっています。

また、新品にこだわらない場合はUQモバイルのau認定中古品がおすすめですね。

定価70,000円、MNPや指定プランの加入で最大22,000円の割引があり、割引を適用すれば一括48,000円になります。

中古相場が6万円台前半からなのでUQモバイルの認定中古品は結構安いですね。

iPhone 13
アップルストア95,800円~
楽天モバイル108,900円~
買い替え超トクプログラム:実質54,468円~
※初めてプラン申し込みかつMNPで13,000ポイント還元
初めてプラン申し込みかつ新規契約で8,000ポイント還元
UQモバイル114,720円
※MNP最大22,000円引き、新規最大11,000円引き
UQモバイル(認定中古品)70,000円
※MNP最大22,000円引き、新規最大11,000円引き
ワイモバイル115,200円
※新規・MNP最大18,000円引き
mineo105,336円~
※MNP15,400円引き、機種変更5,500円引き
イオシス62,800円~(中古C利用制限△)
じゃんぱら63,980円~(中古C利用制限△)

iPhone 13を買うならUQモバイルがおすすめ

iPhone 13は性能的にはまだまだ使える一台です。

普段使いならiPhone 14、iPhone 15とそこまで大きな差はありません。

それでもすでに2世代前のモデルなので、安く買いやすくなってきています。

今おすすめなのはUQモバイルの認定中古品ですね。返却不要で通信費もそこそこ抑えられる点が魅力です。

また、回線契約込みで割引を適用すれば一部ドコモショップにて投げ売りも行われているので、コスパを求めるならおすすめなiPhoneです。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【投げ売り継続】iPhone 13を今から買うのはアリ?1世代前のiPhone!今から買っても大丈夫?【性能・使い勝手・コスパは大丈夫?】

今回は、iPhone 13は今買っても良いのか、見ていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

iPhone 13 miniの投げ売り情報などはこちら

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


概要

引用:アップル

iPhone 13は2021年に発売された無印iPhoneです。

今回は、発売から1年半以上経った今から買うのはアリなのかに注目していきます。

スペック的に大丈夫か

引用:アップル

iPhone 13のチップセットはA15 Bionicです。

Proも含めたiPhone 13シリーズとiPhone 14も搭載していて、性能はかなり高いので基本的に普段使いで困ることはありません。

ディスプレイサイズは6.1インチで、本体も比較的コンパクトなサイズ感なので取り回しも良いですね。

重量は173gで、ハイエンド機としては軽めです。

バッテリー容量はminiモデルほど少なくないので、1日は普通に使えるバッテリー持ちとなっています。

カメラ性能も普段使いなら基本的に問題ありません。

iPhone 13
発売日2021年9月24日
チップセットA15 Bionic
メモリ4GB
GeekBench6シングル:2,200
マルチ:5,073
3Dmark2,456(Wild Life Extreme)
ディスプレイ6.1インチ 60Hz駆動有機EL
本体サイズ71.5×146.7×7.65mm
重量173g
バッテリー容量3,095mAh
メインカメラ12MP(広角F1.6)+12MP(超広角F2.4)

利用者の口コミ

ここからは実際にiPhone 13を使っているユーザーの口コミを見ていきます。

引用:アップル

まずはサイズ感についてで、大きすぎないサイズ感が好評ですね。

やはりProモデルになると重量が結構増すので、取り回し重視で無印モデルを選ぶのもおすすめです。

「やはりこのサイズ・このウエイトがベスト。Proシリーズは思った以上に重く感じました。」

「小さすぎず大きすぎずちょうど良い。いつもは鞄の中に入れてます。」

引用:アップル

また、搭載されているA15 Bionicの性能の満足度も高いです。

重めのゲームでも問題なく動作するとのこと。

「搭載されているCPUはA15 Bionicで、とても高性能で、原神も普通にこなすことができます。」

「レスポンスは最高。機敏な動作を見せてくれます」

引用:アップル

バッテリー持ちについては、めちゃくちゃ優秀ではないものの悪いわけでもないようです。

普段使いなら1日は十分使えるので、バッテリー持ちについては安心できるのではないでしょうか。

「軽いゲームや動画サイトでの視聴程度であれば、1日でバッテリー切れになることはありません。」

「自分の使い方なら2日は余裕で使えます。」

「まずまず持ちますが、電車移動で長時間連続使用したり、テーマパークで移動時や待ち時間で頻繁に操作していると結構消耗しますね。」

iPhone 13の最近の投げ売り金額

iPhone 13の最近の一部店舗での値引き金額は以下です。

ドコモauソフトバンク
iPhone 13実質24円(後日返却)実質24円(後日返却)実質24円(後日返却)

一部のビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマなどの家電量販店や、キャリアショップで投げ売りが実施されていることがあります。

いずれも残価設定プログラム+MNP(モバイルナンバーポータビリティ、乗り換え)の組み合わせで、2年後返却で実質24円というのが最安価格になっています。

2年後にキャリアに本体を返却しないといけませんが、その間この価格で利用できるのは非常にお得なので、回線契約しても良い、MNPをしても良い、本体を2年後に返却でも問題ないのであれば利用するのもアリです。

どこで買うのがお得か

引用:じゃんぱら

アップルストアやキャリアでは今でもiPhone 13が購入可能です。

ただ、今から定価で買うのはおすすめではなく、キャリアであれば投げ売り施策の利用がおすすめです。

最近は月1円の2年レンタル実質24円や実質47円が最安レベルだと思われます。

白ロムは8万円前後から購入可能です。

状態の良いものでも8~9万円前後で買えるので、スペックを考えれば十分安いと言えます。

回線契約が問題ないならキャリアの投げ売り、回線契約無しなら白ロムがおすすめですね。

iPhone 13
アップルストア107,800円~
ドコモ116,380円~(割引前138,380円~)
いつでもカエドキプログラム:25,740円~
au127,495円~
スマホトクするプログラム:41,562円~
新規11,000円引き、MNP22,000円引き、機種変更5,500円引き
ソフトバンク138,240円~
新トクするサポート:42,720円
店舗投げ売り後日返却実質24円〜
楽天モバイル108,900円~
iPhoneアップグレードプログラム:54,432円~
最大24,000円分ポイント還元あり
イオシス80,800円~(中古C)
じゃんぱら78,980円~(中古C)

サポート面は大丈夫か

アップル製品のサポート面は手厚く、販売終了から5年以上で修理サービスの対象外、販売終了から7年以上でアップデートの対象外と規定されています。

その中でiPhone 13はまだ販売が継続されているので、今買ってもまだまだ安心して使っていくことが可能です。

後継機と比べてがっかりしないか

引用:アップル

iPhone 13の後継機は2022年発売のiPhone 14です。

結論を言ってしまうと、ほとんど性能は変わっていないのでiPhone 13を今買っても全く問題はありません。

チップセットが同じA15 Bionicなので、日常の動作に差はありません。

カメラなどもそこまで大きく変わっていないので、少なくとも普段使いで体感できる違いは無いのではないでしょうか。

iPhone 14iPhone 13
発売日2022年9月16日2021年9月24日
チップセットA15 BionicA15 Bionic
メモリ6GB4GB
Geekbench5シングル:1,736
マルチ:4,722
シングル:1,709
マルチ:4,663
3DMark3,027(Wild Life Extreme)2,452(Wild Life Extreme)
ディスプレイサイズ6.1インチ6.1インチ
本体サイズ71.5×146.7×7.8mm71.5×146.7×7.65mm
重量172g173g
メインカメラ12MP(広角F1.5)+12MP(超広角F2.4)12MP(広角F1.6)+12MP(超広角F2.4)

iPhone 13はまだまだ現役で安く買える

iPhone 13は性能的にiPhone 14とほぼ同じ端末と言えます。

今でも十分高性能ですし、普段使いなら困ることは基本的にありません。

投げ売りがよく行われていたり、白ロムが安かったりするので、コスパ面でもおすすめです。

また、サポート面もまだまだ安心なので、今買っても十分メイン機にできる一台ですね。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2024年1月】iPhone 13 miniの最新投げ売り・キャンペーン情報【一括・回線契約なし】今から買うのはアリ?安く買うならどこがお得なのか・投げ売りの内訳も解説!

今回は、発売から1年以上経ったiPhone 13 miniを今買っても大丈夫か、見ていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

iPhone 13の投げ売り情報などはこちら

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 13 miniの概要

引用:アップル

iPhone 13 miniは2021年9月に発売されたiPhone 13シリーズのコンパクトモデルです。

国内では一定の人気があるものの世界的にはそれほど人気とはならず、miniモデルはiPhone 14シリーズで廃止されました。

最近ではキャリアショップで投げ売りされていることも多いので、今回は注目していきます。

スペック的に大丈夫か

引用:アップル

チップセットはiPhone 14と同じA15 Bionicで、基本的に何をするにも困らない高い性能となっています。

手に収まりやすいコンパクトなサイズ感が最大の魅力であり特徴です。

コンパクトですが、使っていて画面が小さいと感じることはあまりありません。

処理性能的にはゲーム用途にも向いていますが、画面サイズは少し小さいかもしれません。

軽くて携帯性抜群、そしてかなりの高性能ということでかなり使いやすい一台です。

iPhone 13 mini
発売日2021年9月24日
チップセットA15 Bionicチップ
メモリ4GB
Geekbench5シングル:1,748
マルチ:4,716
3DMark2,486(Wild Life Extreme)
ディスプレイサイズ5.4インチ
本体サイズ131.5×64.2×64.2mm
重量140g
メインカメラ12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)

価格的に大丈夫か

アップルストアやキャリアでも販売が継続していますが、定価で買うのはあまりおすすめできません。

2年レンタルも悪くはないですが、今買うならキャリアショップの投げ売りがおすすめです。

MNPなどの条件が合えばかなりお得に手に入れられるので、気になる場合はぜひチェックしてみてください。

引用:イオシス

「MNPが使えない」「一括で買い切りたい」という場合は白ロムの購入がおすすめです。

iPhone 13 mini
アップルストア92,800円~
ドコモ116,710円~
いつでもカエドキプログラム:58,630円~
au109,755円~
スマホトクするプログラム:56,235円~
ソフトバンク116,640円~
新トクするサポート:58,320円~
楽天モバイル93,900円~
iPhoneアップグレードプログラム:46,944円~
最大24,000円分ポイント還元あり
イオシス67,800円~(中古C)

サポート面は大丈夫か

引用:アップル

iPhone 13 miniは型落ちモデルとなりましたが、まだまだ安心して使い続けることが可能です。

アップル製品は販売終了から5年以上で修理サービスの対象外、7年以上でアップデートの対象外というサポート保証があります。

iPhone 13 miniはまだアップルストアで販売が継続されているので、まだまだ安心して使い続けることができますね。

おそらく2023年くらいまでは販売が継続されると思うので、2028年あたりまでは問題ないと考えられます。

後継機と比べて…?

引用:アップル

型落ちモデルは後継機と比べてどうか気になるところですが、iPhone 13 miniの場合はそもそも後継機が出ていません。

残念ながら、おそらく今後もminiモデルは出ない可能性が高いです。

そうなると、国内需要は高いので白ロム価格もある程度維持されると考えられるので、今買っておいても売却価格が急に悪くなるといったことは起きにくいのではないでしょうか。

性能も高く、まだしばらくは十分実用的なので今買っても普通に使っていくことができますね。

最後のminiモデルとして価値は高い

引用:アップル

iPhone 13 miniについては、「おそらく最後のminiモデルになる」という点が大きいですね。

特に日本ではminiモデルが好きという声も多く、今後もしばらくは一定の人気が維持されるのではないでしょうか。

実際、性能も高くて安く買えることから、かなりおすすめしやすい一台となっています。

コンパクトで性能も高いiPhoneが欲しいなら早めに入手することがおすすめです。

iPhone 13 miniが「実質24円」値引きの内訳

iPhone 13 miniの128GBモデルは、大手家電量販店(ビックカメラやヨドバシカメラなど)や一部キャリアショップで、他社からの乗り換え(MNP)と共に残価設定プログラム(「いつでもカエドキプログラム」「スマホおかえしプログラム」「新トクするサポート」)に参加することで、機種代金の負担額が大幅に割引されています。

残価設定プログラム(「いつでもカエドキプログラム」「スマホおかえしプログラム」「新トクするサポート」)は、2年後に端末本体をキャリアに返却することで、実際の負担額を低く抑える契約です。

値引きの内訳は以下の通りです。

iPhone 13 mini
通常価格109,755円
回線値引き-22,000円
対象機種限定特典-34,233円
分割支払(1~24回目)24円(1円×24回)
分割支払(24回目,免除)59,021円

「iPhone 13 mini」の元の価格は108,755円ですが、「回線値引き(-22,000円)」と「対象機種限定特典(-34,233円)」を適用することで、残りの支払い額は59,021円となります。

この金額は分割払いでの残価ですが、25ヶ月目に端末本体を返却することで、残りの支払いが免除されます。結果的に、実際の負担額はわずか24円になります。

iPhone 13 miniの投げ売りは回線契約なしでも購入可能

総務省主体で実施された端末と回線の分離の原則に則り、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルなどのキャリアとの回線契約なしで iPhone 13 miniの本体だけでも購入することは可能です。

iPhone 13 miniの投げ売りは回線契約なしだと投げ売り1円などでは買えない

しかし、先ほどの表の中にもあったように、回線値引き(いわゆるMNP割引)が前提になっているため、その場合その分の22,000円が引かれないため、若干高くなってしまうので注意は必要です。

例えば回線契約なしの場合、一括1円の場合は22,001円、実質24円の場合は実質22,024円となります。

iPhone 13 miniの最近の投げ売り金額

iPhone 13 miniの最近の値引き金額は以下です。

ドコモauソフトバンク
iPhone 13 mini実質9,800円(後日返却)実質9,800円(後日返却)実質24円(後日返却)

いずれも先ほど解説した残価設定プログラム+MNP(モバイルナンバーポータビリティ、乗り換え)の組み合わせで、ソフトバンクであれば2年後返却で実質24円というのが最安価格になっています。

ドコモ、auも以前は後日返却実質24円で提供していましたが、2023年5月以降は価格が上がり多くの店舗で後日返却実質9,800円となっています。

iPhone13 miniはどこで買うのがお得なのか

各キャリアのオンラインショップでの価格は下記の通りです。

キャリア128GB256GB512GB
ドコモ通常一括価格 : 116,710円
最安値 : 実質38,630円~
通常一括価格 : 140,800円
最安値 : 実質52,160円~
通常一括価格 : 176,660円
最安値 : 実質69,540円~
au通常一括価格 : 116,310円
最安値 : 実質40,790円~
通常一括価格 : 133,780円
最安値 : 実質50,220円~
通常一括価格 : 168,720円
最安値 : 実質69,080円~
ソフトバンク通常一括価格 : 116,640円
最安値 : 実質36,720円~
通常一括価格 : 134,640円
最安値 : 実質45,720円~
通常一括価格 : 169,920円
最安値 : 実質63,360円~
楽天モバイル通常一括価格 : 93,900円
最安値 : 実質22,944円~
通常一括価格 : 108,900円
最安値 : 実質30,432円~
通常一括価格 : 138,900円
最安値 : 実質45,432円~
IIJ mio新規・端末のみ:84,980円~
MNP:69,800円~
イオシス62,800円〜(中古白ロム)77,800円〜(中古白ロム)107,800円〜(中古白ロム)
じゃんぱら65,800円〜(中古白ロム)79,800円〜(中古白ロム)106,980円〜(中古白ロム)
アップルストア92,800円107,800円137,800円

通常一括価格はアップルストアの定価のほうが安いので、キャリアでは一括購入はあまりおすすめしません。キャリアの中では強いて言うなら楽天モバイルがダントツに安いです。

IIJ mioでは未使用品が新規・MNP問わず非常に安いのでおすすめです。

最も安く手に入れたいのであればイオシスの中古白ロムがおすすめです。

ドコモauソフトバンクなどのキャリアを利用するのであれば、残価設定プログラム(「いつでもカエドキプログラム」「スマホおかえしプログラム」「新トクするサポート」)などの利用をおすすめします。

2024年1月現在のiPhone 13 mini投げ売りの状況(2024年1月追記)

現在の最新のiPhone 13 mini投げ売りの状況を解説します。

2024年1月現在では、iPhone 13 miniの投げ売りはほぼ実施されていない、または実施している店舗がかなり少ない状況です。

というのも、iPhone 15シリーズが先日発売されたことにより、iPhone 13 mini自体が終売となりました。そのため、日本では逆にiPhone 13 miniの需要が増し、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルなどのキャリアの在庫が品薄、または入荷未定となっています。

在庫がまだある店舗であればかろうじて実施しているかもしれませんが、ほぼ在庫がなく、私自身も現在でも実施できている店舗を確認できていないというのが現状です。

そのため、これからiPhone 13 miniを安く購入したいのであれば、イオシスなどの白ロム専門店での購入がおすすめです。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【投げ売り・一括案件復活】iPhone SEの投げ売りはお得なのか?今から買うのはアリ?【2023年10月】

今回は、iPhone SEの投げ売りについて、実際にお得なのか見ていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone SEの投げ売りについて

iPhone SEはiPhoneの廉価モデルで、最新の第3世代は投げ売りの定番としてよく見かけるモデルですね。

色々な店舗で投げ売りが行われているので目にする機会も多いのではないでしょうか。

どういうところで投げ売りをやっている?

iPhone SEの投げ売りは、ビックカメラ、ヨドバシカメラなどの大手家電量販店内のキャリアショップや、一部のキャリアショップで行われていることが多いです。

iPhone SEを投げ売りで買うのはお得?

スペックをチェック

引用:アップル

iPhone SE(第3世代)のSoCはA15 Bionicチップで、これはiPhone 13、14などと同じなので処理性能はかなり高いですね。

非常に高性能なので、普段使いでストレスを感じることは基本的にありません。

一方で、ディスプレイやカメラなどのハード面はiPhone 8と同じなのではっきり言って弱いです。

また、ディスプレイサイズは4.7インチと小さい上、液晶なので物足りなさを感じる場合もあるかもしれません。

本体も小さいことでバッテリー容量が少ないため、バッテリー持ちもそれほど良くないですね。

引用:アップル

逆に、昔ながらのコンパクトさやホームボタンが好きな人にはおすすめです。

引用:アップル

まとめると、iPhone SE(第3世代)はカメラやディスプレイなどの性能の高さを求める人にはあまりおすすめできません。

ただ、処理性能自体が高いのでこれで十分という人もそこそこいるのではないでしょうか。

iPhone SE(第3世代)
発売日2022年3月18日
SoCA15 Bionicチップ
メモリ4GB
GeekBench6シングル:1,750
マルチ:4,820
3Dmark2,293(Wild Life Extreme)
ディスプレイ4.7インチ 60Hz駆動液晶
本体サイズ138.4mm×67.3mm×7.3mm
重量144g
バッテリー2,018mAh
GAMArena
バッテリーテスト
62h
メインカメラ12MP(F1.8 広角)

価格をチェック

iPhone SE(第3世代)のアップルストアでの定価は62,800円からで、キャリアは7万円台前半が多いですね。

特にキャリアの定価はかなり高いので、今から定価で普通に購入することはおすすめしません。

今回の本題であるキャリアの投げ売りは、後日返却で実質23円が多いです。

MNPや2年後の返却が条件ではありますが、定価6万円台の端末を23円で2年間使えるのはお得ですよね。

また、最近は再び一括案件も出てきており、MNPで14,800円などで販売されていることがあります。

ただし、iPhone SE(第3世代)の投げ売りは64GBモデルが多く、最近は64GBだと容量が足りないことが多い点には注意が必要です。

引用:じゃんぱら

投げ売りはお得ではありますが、しがらみの多いキャリアでの購入が面倒な場合は中古白ロムもおすすめです。

最安で3万円台前半から購入可能で、状態の良いものでも5万円以下で買うことができます。

また、投げ売りとは違って白ロムなら128GBなどのモデルも選べる点も魅力的ではないでしょうか。

iPhone SE(第3世代)
アップルストア62,800円〜
ドコモ73,370円~
いつでもカエドキプログラム:37,730円
MNPで20,000ポイント還元
au70,935円〜
スマホトクするプログラム:38,295円
MNP22,000円引き、機種変更5,500円引き
ソフトバンク73,440円〜
新トクするサポート:22,008円
楽天モバイル62,800円〜
iPhoneアップグレードプログラム:31,392円
最大19,000円分ポイント還元あり
店舗投げ売り後日返却実質23円〜
イオシス37,800円~(中古C)
じゃんぱら32,980円~(中古C)

投げ売りの競合

後日返却実質23円や一括1万円台であれば、iPhone SE(第3世代)以外の以下の機種もよくラインナップされています。

  • iPhone 13:後日返却実質23円~
  • Pixel 7:後日返却実質23円~
  • Pixel 7a:後日返却実質23円~
  • Galaxy S22:後日返却実質23円~
  • Xperia 5 Ⅳ:一括9,800円~

これらとiPhone SE(第3世代)を比べると、本体価格が高いiPhone 13やGalaxy S22の方がお得感はありますね。

投げ売りに限れば他の機種もほぼ同価格で手に入るため、他の投げ売り案件と比べて検討することをおすすめします。

安く買いやすいiPhoneとしてかなりおすすめな一台

iPhone SEの投げ売りは比較的見かけやすく、実質案件以外に一括案件もあります。

スペックは抑え気味な点も多いものの、普段使いならこれで十分と感じる方も多いと思います。

したがって、iPhone SE(第3世代)の投げ売りは十分おすすめです。

ただし、投げ売りでは同じような価格でより上位の機種も多いので、価格以外のポイントもしっかり比較検討することをおすすめします。

また、投げ売り店舗を探すのが大変だったり、キャリアのしがらみが面倒だったりする人は白ロムなどで安く購入することもおすすめです。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone SE 3を投げ売りで買うのはアリ?一括1円で売られているけど実際買うのはおトクなん?【2023年1月】

iPhoneの最新コスパモデルiPhone SE 3、発売直後に盛り上がった投げ売りが再びよく見るようになり気になる方も多いんじゃないでしょうか。

ということで今回は、投げ売りされているiPhone SE 3を買っても大丈夫か、解説していきます。

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone SE 3の概要

iPhone SE 3は2022年の3月に発売されました。

高性能のA15 Bionicを搭載したコスパ最強iPhoneです。

元々安い端末ですが、キャリアの投げ売り対象になっています。

MNPによる乗り換えが前提ですが、安い場合で一括1円~という価格で販売されています。

スペック的に大丈夫か

iPhone SE 3はiPhone 13シリーズやiPhone 14(無印)と同じA15 Bionicを搭載しているため、処理性能はかなり高いです。

重いゲームなども含めて、基本的に何でも出来る性能です。

ディスプレイは4.7インチと小さいので、ここは好みが分かれるところですね。

その代わり、144gとかなり軽量でコンパクトなサイズ感が魅力の一台です。

もう一つの弱点として、カメラが少し控え目のスペックになっています。

このような弱点が気にならず、コンパクトなスマホが好きな場合は普通におすすめできる一台です。

スペック
チップセットA15 Bionic
メモリ(RAM)4GB
GeekBench5シングル:1,750
マルチ:4,820
3DMark9,150
ディスプレイ4.7インチ
サイズ138.4×67.3×7.3mm
重さ144g
メインカメラ12MP(広角)

価格的に大丈夫か

引用:イオシス

アップルストアでは円安の影響で値上げされましたが、62,800円~の定価もそこそこ安いです。

キャリアの定価は高いものの、今回話題にしている投げ売りは魅力的です。

MNPによる他社からの乗り換えが必須ですが、一括1円から手に入れることが出来ます。

回線契約をしない場合のおすすめは楽天モバイルとイオシスです。

楽天モバイルではポイント還元のキャンペーンがあり、かなりお得に購入可能です。

イオシスの在庫はかなり多く、本体のみ購入の場合はこちらも十分お得です。

価格
ショップキャンペーン価格一括1円~
アップルストア62,800円~
ドコモ65,230円~
au65,335円~
ソフトバンク67,660円~
楽天モバイル62,800円~
キャンペーン適用後:43,800円~
イオシス45,800円~(中古A)

投げ売りで買うデメリットはないのか

一括1円で手に入れられるのは魅力的ですが、乗り換えが前提なのでキャリアの高い通信費を支払う必要があるというデメリットがあります。

これを避けようとMNPで契約後すぐに解約すると、キャリアのブラックリストに登録されてしまいます。

もしブラックリスト入りした場合、再契約するのにしばらくの期間拒否される可能性があるためあまり推奨は出来ません。

povoやLINEMOといったサブブランドへの変更もNGな場合が多いです。

投げ売りでiPhone SE 3を買うのはアリなのか?

投げ売りのiPhone SE 3を買うのはアリか、というと普通におすすめですね。

高性能かつ安いスマホなら第一候補にしてもいいくらいコスパに優れた一台です。

一括1円~の場合は返却の必要もないところも魅力的です。

回線契約不要の場合、楽天モバイルやイオシスがお得なのでぜひチェックしてみてください。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 12シリーズは今から買っても良い?認定中古品が激安!【UQモバイル/ワイモバイル/中古白ロム】【2024年6月】

今回は、UQモバイルやワイモバイルでiPhone 12シリーズがかなり安く買えるので、価格情報などについて紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


今回の動画はこちら!

UQモバイル/ワイモバイルでは認定中古品が買える

2023年末の新値引き規制などにより、大手キャリアでもiPhoneの一括投げ売りはほとんど無くなっています。

そんな中、一括で安くiPhoneが買える方法としてサブブランドの認定中古品があります。

UQモバイルとワイモバイルではそれぞれauやソフトバンクの認定中古品が販売されており、MNPなどの回線契約で割引が適用され、かなり安い価格で購入可能です。

今回はその中でもiPhone 12シリーズに注目して紹介します。

キャリア認定中古品とは?

引用:UQモバイル

UQモバイル、ワイモバイルで買える認定中古品はキャリアの基準をクリアした中古品です。

Appleの認定整備済品のように、バッテリー交換などが行われたものではない点に注意が必要です。

キャリア認定中古品は、おそらく残価設定プログラムで返却された端末だと思われるので、2年間利用された後の状態ということになります。

認定中古品の状態については「軽微な傷や汚れはあるものの、比較的状態が良いもの」とされているので、イオシスなどの中古Bランクに相当します。

また、バッテリー残量は80%以上という基準があるため、極端にバッテリーが劣化しているものは提供されません。

極端に状態が悪いものではないため、利用する上で困ることは無いと思いますが、あくまでも中古品である点には注意しましょう。

UQモバイルのiPhone 12シリーズ認定中古品の価格

引用:UQモバイル

UQモバイルで認定中古品の取り扱いがあるのは、iPhone 12とiPhone 12 Proの2モデルです。

UQモバイルの割引は契約種別によって以下の4段階に分かれています。

  • MNP(トクトクプランorコミコミプラン+増量オプションⅡ):22,000円引き
  • MNP(増量オプションⅡなしorミニミニプラン):16,500円引き
  • 新規(トクトクプランorコミコミプラン+増量オプションⅡ):11,000円引き
  • 新規(増量オプションⅡなしorミニミニプラン):5,500円引き

22,000円の最大割引を適用した場合、iPhone 12(64GB)は一括19,000円で購入することができます。

iPhone 12は中古相場で安くても4万円前後なので、それを踏まえるとかなり安いですよね。

また、iPhone 12 Proは最安で一括33,000円になります。

こちらも中古相場は6万円前後からなので、非常にお得感があると思います。

最大割引を利用するのに必要な増量オプションⅡは月額550円のオプションです。

また、加入から7カ月間無料になるキャンペーンも常時実施されているので、加入しておいて損はないと思います。

MNP
(トクトク/コミコミ+増量オプションⅡ)
MNP新規
(トクトク/コミコミ+増量オプションⅡ)
新規
iPhone 12(64GB)19,000円24,500円30,000円35,500円
iPhone 12(128GB)24,000円29,500円35,000円40,500円
iPhone 12 Pro(128GB)33,000円38,500円44,000円49,500円
iPhone 12 Pro(256GB)36,000円41,500円47,000円52,500円

ワイモバイルのiPhone 12シリーズ認定中古品の価格

引用:ワイモバイル

ワイモバイルではiPhone 12とiPhone 12 miniが購入可能です。

ワイモバイルの割引額はUQモバイルのように契約種別によって固定されているわけではなく、端末によって幅があります。

iPhone 12の場合、新規でもMNPでも割引額は同じとなっています。

シンプル2のMかLに加入すれば、iPhone 12(64GB)は一括27,720円で購入可能です。

UQモバイルと比べると、新規でも安く買える点がワイモバイルの魅力と言えるでしょう。

一方で、iPhone 12 miniは新規契約よりMNPによる乗り換えの方が割引額が高い点に注意が必要です。

ただ、MNP割引適用時の一括価格は最安9,800円とかなり安くなっています。

miniモデルを安く買いたい方はぜひチェックしてみてください。

MNP
(シンプル2 M/L)
MNP
(シンプル2 S)
新規
(シンプル2 M/L)
新規
(シンプル2 S)
iPhone 12(64GB)27,720円31,320円27,720円31,320円
iPhone 12(128GB)34,920円38,520円34,920円38,520円
iPhone 12 mini(64GB)9,800円14,800円24,480円28,080円
iPhone 12 mini(128GB)17,600円22,720円32,400円36,000円

回線契約なし、端末のみ購入なら白ロム専門店もチェック

引用:イオシス

ここまで紹介した認定中古品は、回線契約が必須なので端末のみ購入ができません。

回線契約なしで購入したい場合、イオシスなどの白ロム専門店で購入することになります。

iPhone 12は安いものだと3〜4万円前後から購入可能です。

中古Aランクなどでも4万円台半ばから買えるので、結構安いと思います。

iPhone 12 miniは2〜3万円前後から購入可能で、状態の良いものだと4万円台前半から購入することができます。

iPhone 12 Proは4万円前後から購入可能です。

ただ、状態のいいものは6万円前後からとそこそこ高めになっています。

いずれも認定中古品の割引価格と比べると割高に感じてしまいますが、回線契約なしと考えれば十分安くなっていると思います。

ただ、サブブランドなら回線維持費もそこそこ安く済むので、乗り換えて割引を利用することも合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

イオシスじゃんぱら
iPhone 1237,800~62,800円29,980~64,980円
iPhone 12 mini34,800~55,800円25,980~56,980円
iPhone 12 Pro57,800~79,800円39,980~78,980円

iPhone 12シリーズは今でも使える性能なのか?

iPhone 12シリーズはいずれもA14 Bionicを搭載しています。

3世代前のSoCですが、処理性能は今でも十分高いです。今から買っても、普段使いなら困ることは特にありません。

ただ、重めのゲームをしっかり楽しみたい方には少し物足りない可能性があります。

ディスプレイはいずれも有機ELですが、Proモデルも含めてリフレッシュレートは60Hzです。

バッテリー持ちは最新モデルと比べるとそこまで良くありません。

また、中古品となるとバッテリーが消耗している可能性もあるため、バッテリー持ち重視の方には不向きな可能性もあり、注意が必要です。

メインの広角カメラはいずれのモデルも同じセンサーを搭載しています。

センサーサイズは1/2.55インチとかなり小さいので、カメラ重視の方には物足りない可能性があります。

Proモデルは望遠カメラを搭載しているものの、倍率は2倍に留まっています。

いずれのモデルも最新モデルと比べれば、物足りない部分はいくつかあります。

ただ、スマホにそこまで高い性能が不要な方なら今でも十分使えますし、SNSなどの日常用途なら全く問題ありません。

「スマホにこだわりはなく、できるだけ安く買いたいけどiPhoneが良い」というユーザーにはぴったりなのではないでしょうか。

iPhone 12iPhone 12 miniiPhone 12 Pro
発売日2020年10月13日2020年10月13日2020年10月13日
SoCA14 BionicA14 BionicA14 Bionic
RAM4GB4GB6GB
Geekbench6シングル:2,015
マルチ:4,500
シングル:2,017
マルチ:4,507
シングル:2,039
マルチ:4,580
3DMark2,155(Wild Life Extreme)2,139(Wild Life Extreme)2,149(Wild Life Extreme)
ディスプレイ6.1インチ 60Hz駆動有機EL5.4インチ 60Hz駆動有機EL6.1インチ 60Hz駆動有機EL
本体サイズ71.5×146.7×7.4mm64.2×131.5×7.4mm71.5×146.7×7.4mm
重量162g133g187g
バッテリー容量2,815mAh2,227mAh2,815mAh
GSMArena
バッテリーテスト
84時間69時間81時間
メインカメラ広角:12MP(1/2.55インチ F1.6)
超広角:12MP(F2.4)
広角:12MP(1/2.55インチ F1.6)
超広角:12MP(F2.4)
広角:12MP(1/2.55インチ F1.6)
超広角:12MP(F2.4)
2倍望遠:12MP(F2.0)

iPhoneを一括で安く買いたいなら認定中古品をぜひチェック

サブブランドで買えるiPhoneの認定中古品はかなり安いと思います。

iPhone 12シリーズなら今から買ってもそれなりに実用的なので。十分おすすめです。

さらに、サブブランドなら回線維持費も安く抑えることができる点も魅力的です。

一括で安く、実用的なiPhoneが欲しい方はぜひチェックしてみてください。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2022年10月】【投げ売り】iPhone 12を今から買うのはアリ?一括○円で投げ売りされているiPhoneは実際アリなのか!

今回はiPhone 12を今買っても大丈夫か、見ていきます。

というのも、今iPhone 12が安く買いやすくなっているからです。

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


概要

引用:アップル

iPhone 12は2020年10月に発売された2世代前のiPhoneです。

デザイン的には最新のiPhone 14までほぼ変わっていません。

ここ最近でも一括〇円で投げ売りされていることが多いため、気になっている方も多いんじゃないでしょうか。

スペック的に大丈夫か

気になるスペックですが、処理性能は今でも十分ですね。

OSが違うので一概に比較は出来ませんが、最新のAndroidスマホよりもベンチマークスコアは高く、まだまだ使える優秀さを持っています。

ディスプレイは6.1インチ、カメラは12MPのデュアルレンズ構成で十分実用的なスペックが揃っています。

iPhone 12
チップセットA14 Bionic
メモリ(RAM)4GB
GeekBench5シングル:1,569
マルチ:3,888
3Dmark7,613
ディスプレイ6.1インチ
メインカメラ12MP(広角)+12MP(超広角)

価格的に大丈夫か

引用:イオシス

気になる価格ですが、Appleストア、キャリアともに定価で買うのはおすすめしません。

買うとしたら投げ売りの利用かイオシスの白ロムがおすすめです。

イオシスでは57,800円から購入可能で、この価格なら十分おすすめですね。

グレードによって価格も変わってくるので、予算と相談しながら選んでみてください。

また、キャリアの投げ売りは一括1万円前後をよく見ますね。一括1円のところがあればラッキーです。

投げ売りの利用にはMNPの利用が必要ですが、それでもかなりお得だと思います。

価格
Appleストア92,800円~
ドコモ在庫なし
au111,855円~
ソフトバンク111,600円~
楽天モバイル102,800円~
8,000円分のポイント還元あり
イオシス57,800円~(中古C)

一部店舗ではMNP一括1円・新規一括10,001円で投げ売り

2022年はビックカメラ、ヨドバシカメラ、各キャリアの一部ショップではMNPで一括1円、新規で一括10,001円での投げ売りが行われていました。

機種単体の一括購入でも22,001円で購入できたので、非常におトクでした。

しかし、その後終売と総務省の介入によりiPhone 12の一括1円は終了となりました。

その代わり、2023年7月現在、iPhone 13が後日返却実質1円で販売されていますので、そちらがおすすめです。

サポート面は大丈夫か

2世代前の端末なのでサポート面が気になるところですが、Appleはこの部分も手厚いです。

修理サービスは販売終了から5年まで、OSアップデートは販売終了から7年まで保証されていて、iPhone 12はまだ販売があるのでまだまだ問題ありません。

後継機と比べてがっかりしないか

後継機であるiPhone 13・14と比べても、そこまで大きな変化はありません。

違いはカメラ配置とチップセットくらいですが、実使用で大きな違いは無いですね。

さらに、iPhone 12でも十分快適に使えるのでがっかりすることは無いでしょう。

発売から2年でもまだまだ現役

発売から2年経っていますが、性能面・サポート面で問題は全くありません。

むしろ投げ売りで買いやすくなっているのでおすすめですね。

白ロムの価格も十分おすすめできるくらいの価格になってきています。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2021年6月】【投げ売り】iPhone 12 miniを今から買うのはアリ?最近の投げ売り金額や安く買うならどこがお得なのか・投げ売りの内訳も解説!高スペックなのに持ちやすいサイズのiPhone

最近はどのスマホも大型化が進んでいます。

だって世界では小型スマホって売れませんからね。

そんな中、最新のiPhone 12シリーズで発売されたiPhone 12 miniは、スペックも妥協せずコンパクトなボディに技術力を詰め込んできました。

実際私もiPhone 12を買っていたのに、iPhone 12 miniも買ってしまいました。ということで、iPhone 12 miniを今買うのはアリなのか、そんな私が見ていきたいと思います。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhone 12のスペック

iPhone 12

まずはスペックを見ていきましょう。

iPhone 12iPhone 12 miniiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ストレージ容量(ROM)64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
価格94,380円〜82,280円〜117,480円〜129,580円〜
CPUA14 BionicチップA14 BionicチップA14 BionicチップA14 Bionicチップ
メモリ(RAM)4GB4GB6GB6GB
ディスプレイサイズ6.1インチ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
解像度2532×1170 460ppi2340×1080 476ppi2532×1170 460ppi2778×1284 458ppi
本体サイズ146.7×71.5×7.4mm131.5×64.2×7.4mm145.7×71.5×7.4mm160.6×78.1×7.4mm
重量162g133g187g226g
メインカメラ12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.0 望遠)(トリプルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.2 望遠)(トリプルカメラ)
インカメラ12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)
充電方法MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68IP68
SDカード非対応非対応非対応非対応
認証方法Face IDFace IDFace IDFace ID
おサイフケータイ対応対応対応対応
イヤホンジャック非搭載非搭載非搭載非搭載
バッテリー容量2,775mAh2,227mAh2,775mAh3,687mAh
カラーバリエーションブルーブルーパシフィックブルーパシフィックブルー
グリーングリーンゴールドゴールド
(PRODUCT)RED™(PRODUCT)RED™グラファイトグラファイト
ホワイトホワイトシルバーシルバー
ブラックブラック

iPhone 12のレビュー

iPhone 12の詳しい使い勝手やレビューはこちらに記事にしました。

iPhone 12 miniを購入するメリット

iPhone 12シリーズの中でもコンパクトで小回りの利くサイズ感はiPhone 12 miniのみなので、小さめの端末が希望の方には願ったりかなったりですよね。

持ちやすくて操作しやすいコンパクトサイズ

iPhone 12 mini

iPhone 12シリーズの中でも最小サイズのiPhone 12 miniは、高さ131.5mm×幅64.2mm×厚さ7.4mmと、かなりのコンパクトサイズです。

歴代のiPhoneシリーズと比較しても小さいサイズ感なので、片手での操作のしやすさはもちろん、ポケットやミニバックにも入りやすいというメリットもあります。

最近の大型化したスマートフォンでは、片手でのフリック入力がしにくかったり、画面端に指が届かず両手で操作しなければならない事もありますよね。

iPhone 12 miniのコンパクトなサイズであれば、楽々と片手で操作できるので、移動中や、片手がふさがっている時でも、スムーズに扱えます。

見やすい全画面

iPhone 12 mini

iPhone 12 miniはコンパクトなサイズながら、画面占有率の高い全画面仕様なので、見やすいのが特徴的です。

同時に発売された第二世代のiPhone SEよりも本体サイズは小さいものの、画面は5.4インチとiPhone 8 Plusとほとんど変わらない大きさです。

また、優れた高解像度に加え明るく高精細な画面により、コンパクトでも見やすい画面表示が実現しています。

高コスパの価格

iPhone 12 miniはiPhoneシリーズの最新モデルでありながら、他のiPhone 12と比較すると低価格で手の届きやすい金額です。

  • iPhone 12 mini:74,800円~

最近のスマートフォンはiPhoneもAndroid端末も10万円超えが珍しくない中、7万円台はかなりリーズナブルです。

新しいiPhoneが欲しいけれど10万円超えの高額な端末は厳しい場合にもおススメです。

十分すぎるスペック

iPhone 12 miniは最新のiPhone 12シリーズと同じ最新のA14 Bionicチップセットを搭載しています。

最新のCPUを搭載しているので、サクサクと快適な操作が可能です。

ハイスペックなモデルになるほど処理能力が高く、処理速度の速い高性能なチップセットを搭載していますが、7万円台のモデルで最新のチップセットを搭載しているのは異例ともいえる高コスパです。

iPhone前モデルのiPhone 11シリーズに搭載されていたA13 Bionicのチップセットと比較すると、15%~25%性能が向上しています。

高性能デュアルレンズのAIカメラ

iPhone 12 mini

高性能なカメラも人気の理由の一つですが、iPhone 12 miniも素晴らしいスペックのカメラを搭載しています。iPhone12と同じ12MPの広角カメラ、超広角カメラのデュアルレンズ仕様で、奥行きのある美しい撮影が可能です。

iPhone 12 mini

デジタルズームや高額手振れ補正はもちろん、ポートレートモードやナイトモードにも対応しているので、どんなシーンでも明るく高精細で、鮮やかな映像を取ることができます。

コンパクトサイズに7万円台の価格にも関わらず、実力十分なカメラです。

今後出会えないかも?iPhone 12 miniは高コスパでおススメ

iPhone 12 mini

これだけ優れた機能とコストパフォーマンスも抜群のiPhone 12 miniですが、海外市場では売れ行きが芳しくなく、今後のiPhoneシリーズではもしかしたら発売されない可能性もあるので、貴重なモデルになる可能性があります。

iPhone SEとかアメリカだとブリスターパックにつるされて売られるぐらいでしたからね。そんな小型スマホが売れない中、小型のiPhoneを出してくれたということにひたすら感謝ですよ。

コンパクトモデルでありながら価格以上の実力を備えたiPhone 12 miniはかなりおススメです。小さめサイズを求めていたなら、まさに絶好のチャンスです。

iPhone 12 miniが「一括1円」値引きの内訳

iPhone 12 miniの64GBモデルは、大手家電量販店(ビックカメラやヨドバシカメラなど)や一部キャリアショップで、他社からの乗り換え(MNP)と合わせて購入することで、機種代金の負担額が大幅に割引されています。

値引きの内訳は以下の通りです。

iPhone 12 mini
通常価格71,650円
回線値引き-22,000円
対象機種限定特典-49,649円
最終価格1円

「iPhone 12 mini」の元の価格は71,650円ですが、「回線値引き(-22,000円)」と「対象機種限定特典(-49,649円)」を適用することで、残りの支払い額は1円となります。

iPhone 12 miniの最近の投げ売り金額

iPhone 12 miniは販売終了&在庫なしとなってしまったため、最近(2023年6月時点)では一括投げ売りは実施されていません。

代わりに、iPhone 13 miniが投げ売りとなっています。

iPhone 12 miniはどこで買うのがお得なのか

各キャリアのオンラインショップでの価格は下記の通りです。

キャリア64GB128GB256GB
ドコモ販売終了販売終了販売終了
au販売終了販売終了販売終了
ソフトバンク販売終了販売終了販売終了
楽天モバイル販売終了販売終了販売終了
IIJmio在庫なし在庫なし在庫なし
イオシス35,800円〜(中古白ロム)41,800円〜(中古白ロム)52,800円〜(中古白ロム)
じゃんぱら41,980円〜(中古白ロム)34,980円〜(中古白ロム)43,980円〜(中古白ロム)
アップルストア販売終了販売終了販売終了

既に販売終了となっている端末ですので、これから購入するなら白ロムになります。

安心の保証もありつつ安く手に入れたいのであればイオシスの中古白ロムがおすすめです。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2023年11月】【iPhoneスマホ投げ売り】一括1円と実質1円はどっちがお得?残価設定プログラム・2年レンタルを解説!【iPhone 13・iPhone SE・Pixel 6a・Pixel 7】

今回は、一括1円と実質1円のどちらがお得なのかに注目して解説したいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


投げ売りの一括1円施策と実質1円施策の違い

ここ数年盛り上がっているスマホの投げ売りは大きく2種類に分けられます。

「一括○○円」と「実質○○円」ですね。

どちらも基本的にはMNP契約特典としての割引+店舗独自割引で安くなっているんですが、購入の形式が大きく異なります。

一括○○円はその名の通り支払いは購入時の1回のみで、端末を返却する必要がありません。買い切りですね。

実質○○円はいわゆる「2年レンタル」を使った仕組みで、毎月一定額を支払いながら2年後にはキャリアに端末を返す必要があります。

実質○○円の場合、割引額に加えて、設定された2年後の残価を引いて実質○○円と表記されています。

ざっくり言ってしまうと、2年後に返却しなければならないのが実質○○円、返却不要なのが一括○○円と言えますね。

最近の傾向では一括○○円自体の数が減っていますが、元々の定価が比較的安いiPhone SEやPixel 6aが一括案件として販売されていることが多いです。

逆に、無印iPhoneやPixel 7は実質24円で毎月1円ずつ支払う形が多くなっています。

基本的に一括は価格が安い機種、元々高価な機種は実質で売られているということですね。

結局どちらがお得なのか

2年後に機種変更するかどうかである程度判断が可能

実質○○円で2年後に返却して機種変更する場合、負担は基本的には○○円で済みます。

しかし、2年レンタルで端末を返却しなかった場合、残価を24回に再分割して支払うことになります。

そのため、返却しなかった場合は本来のお得感が薄れてしまいます。

一方で一括○○円は返却の必要がないので、2年以上使う場合でも負担額は最初の○○円を超えることはありません。

また、一括案件だと買い切りなので、2年よりも短い段階で買い替えることもできますね。

ということで、2年以上使う予定があるなら一括がおすすめ、2年で機種変更する前提なら実質○○円も十分お得ということになります。

一括施策も実質施策も短期解約のリスクは同じ

大前提として、これらの案件はMNPが条件なので、どちらの場合もキャリアに乗り換える必要があります。

乗り換え無しでも店舗独自割引は適用されるので、値引き額が下がるもののお得に購入することは可能です。

また、残価設定プログラムは回線契約とは完全に別なので、回線を途中解約することもできます。

その場合も端末代金の支払いは続きます。

ただし、回線を短期解約した場合、ブラックリスト入りする可能性があるので注意が必要です。

2年レンタルは端末を大切に使うべし

2年レンタルを利用した実質○○円は、基本的にスマホをキャリアに返す必要があります。

この返却時にキャリア側で査定が行われ、以下のような査定基準を下回っていると追加で費用が発生します。

  • 筐体の破損
  • 電源が入らない
  • ディスプレイ異常
  • 基本的な機能が正常に動作しない
  • SIMトレーの紛失や破損

これらの場合、故障時利用料として22,000円払う必要があり、せっかく安く買ったのに22,000円も払うのはもったいないですよね。

そのため、普段以上にスマホの破損に気を遣わなければいけない点は人によってはデメリットにもなるのではないでしょうか。

一括○○円と実質○○円のお得感は長期的にどのようにスマホを使うかがポイント

一括○○円と実質○○円を比べた時、2年後の返却が大きな違いになります。

そのため、購入したスマホを2年以上使うのかどうかでおすすめが変わってきます。

ただし、現状一括○○円は安価な機種が多く、高価な機種が欲しい場合はほぼ実質○○円しか選択肢がありません。

実際の割引額や自分の用途から総合的に判断していくことをおすすめします。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2023年11月】【一括1円・実質24円】iPhone投げ売り一括&実質施策を解説!iPhoneを安く買う方法・iPhoneの投げ売りはどこで買える?投げ売りでどれくらい安い?(出張販売・イベント販売・キャンペーン)

今回は、iPhoneの一括○○円や実質○○円の投げ売り施策について、見ていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


iPhoneの投げ売りとは

今回取り上げるiPhoneの投げ売りとは、ここ数年なんだかんだで続いているキャリアの割引施策のことです。

MNPを使った他社からの乗り換えで割引することで、一括○○円や実質○○円でiPhoneが手に入れられます。

この施策では回線契約なしでもMNPほどではないですが安く買うことができます。

回線契約なしの場合、基本的にはMNPありのときよりも22,000円プラスされた価格になります。

これでも定価からかなり割り引かれているので、非常にお得です。

一括○○円は1円や9,800円などで一括購入できる方法で、iPhone SEなどの比較的価格の安いモデルが対象のことが多いです。

一方の実質○○円は、残価設定プログラムを使って月1円などで2年レンタルできる方法です。

こちらはiPhone 13など比較的高価格帯のモデルがラインナップされます。

これらの施策は総務省から指導や勧告を受けることも多く、最近は実質○○円が主流になってきました。

ここ最近だとiPhoneで一括1円はほとんど見ることが無いですね。

iPhoneの投げ売りはどこで買える?

iPhoneの投げ売りは以下のようなキャリアショップで実施されています。

  • 家電量販店などのキャリアショップ
  • 一般のキャリアショップ
  • ショッピングモールなどでの出張販売

この中でも狙い目は家電量販店と出張販売ですね。

これらは人が集まりやすい場所なので、特にキャンペーンが手厚い傾向にあります。

iPhoneは投げ売りでどれくらい安い?

それでは、iPhoneの投げ売りで実際にどれくらい安くなるのか紹介していきます。

一括○○円の場合

今現在も一括○○円で施策が行われているiPhoneはおそらくiPhone SE(第3世代)のみです。

以前は一括1円もありましたが、最近だとMNP一括9,800円や14,800円くらいの場合が多くなっています。

ただ、2023年になってからは投げ売りが縮小傾向にあり、一括施策はiPhone SEでもかなり減っていますね。

実質○○円の場合

最近の投げ売りは残価設定プログラムを使った実質○○円のことが多いですね。

特に月1円などの2年レンタルが多いので、実質24円や47円の施策は比較的よく見かけます。

今でも月1円でレンタルできるiPhoneはiPhone 13/13 miniが多いです。

出張販売はさらにお得

出張販売は通常の店舗よりもキャンペーンが手厚い傾向にあります。

例えば、ドコモの出張販売ではiPhone 14が実質○○円で投げ売りされていることもたまにあります。

また、出張販売だとiPhone SE(第3世代)なども量販店以上に安いことがあるので注目です。

ただ、出張販売はどこでいつやっているのか分からないことが多いので、「見かけたときがチャンス」という感じになりますね。

iPhoneの投げ売りはお得!

キャリアが行っているiPhoneの投げ売りは、定価と比べればかなりお得にiPhoneを入手できるチャンスです。

投げ売り自体は総務省の顔色を見ながら続いているので、割引額や対象機種が急に減ってしまう可能性もあります。

そんな事情もあるので、気になるiPhoneが投げ売りされていればお早めにチェックすることをおすすめします。

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


【2023年5月】【1円スマホ】ついにiPhone投げ売り一括1円終了!3月も厳しい!お得にスマホを購入したい場合はどうする?公正取引委員会が指摘!【一括1円・実質1円】

今回は、iPhoneの一括1円施策がなかなか厳しい状況になってきたので、それについて見ていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


公正取引委員会がついに「1円スマホ」の問題性を指摘

ここ最近のキャリアによるスマホの投げ売りに関する動向では、2023年2月24日に公正取引委員会が「1円スマホ」に関する報告書を公表しました。

その内容は「1円スマホ」が独占禁止法が禁止する不当廉売にあたる可能性があるというものです。

指摘されている問題点は大きく分けて2つあります。

1つ目は「通信料金が下がりにくくなる」というポイントです。

大手キャリアは投げ売りで発生した赤字分を通信料の収益で補填しています。

投げ売りがこのまま続けば、この補填も続くため通信料が下がりにくくなってしまうということです。

2つ目は「端末のみを販売する事業者を競走上不利にしてしまう」という点です。

通信契約が前提とはいえ、一括1円といった極端な割引は大手キャリアにしかできません。

中古専門店など端末のみ販売する事業者や、通信料金の収益が大手キャリアほど大きくない格安SIMでは、投げ売りに太刀打ちできる価格にはできません。

例えば、大手キャリア以外の事業者が特価としてハイエンドスマホを5万円で売ったところで、キャリアの1円や10円には太刀打ちできないというわけです。

キャリアの投げ売りのこのような問題点が、独占禁止法の観点から問題として指摘されました。

とはいえ、直ちに是正しなければならないという感じではなく、「このまま投げ売りが続けば違反となる」という警告に近い形です。

現時点で強制力があるわけではないですが、いずれにせよ今後締め付けが厳しくなるのは確実ですね。

キャリア側の動き

公正取引委員会の発表がある前から、行き過ぎた投げ売りはキャリア側で自主規制しようという流れが存在していたのは事実です。

いわゆる「転売ヤー」や、「在庫隠し」「代理店のノルマ」などが問題となったことが原因です。

実際、2022年の年度末と比べると2023年は投げ売りの勢いがかなり落ちています。

最近は一括○○円よりは、残価設定プログラムを利用した実質○○円が多い状況となっています。

以前のようなハイエンドスマホの一括1円や一括10円はかなり厳しい状況になっていると言えますね。

お得にスマホを購入したい場合

スマホの販売方法については、キャリア側や総務省で規制について色々な議論が現在進行形で交わされている状況です。

そのため、今後どのような形になるか不透明なのが現状です。

少なくとも、今投げ売りを利用するなら2年レンタル実質24円などが最もお得な選択肢ではないでしょうか。

2年レンタルなので、返却の必要はあるものの機種によってはおすすめできると思います。

また、短期解約でのブラックリスト入りが法令違反という総務省の新たな見解も出てきています。

さらに、2023年5月からは他社への乗り換え(MNP)が乗り換え先での手続きだけで可能になるMNPワンストップという仕組みが始まります。

MNPに関する動きが活発になっており、ユーザー側はMNPし放題に近い状況になるのではないでしょうか。

ただ、総務省はキャリアに転売ヤー対策は認める旨の見解を出しているので、一括○○円ではなくMNP+2年レンタルでの値引き(=実質○○円)が続くのではないかと思います。

その上で、短期解約のブラックリストに代わって大幅値引き利用の回数制限(各キャリア1回までなど)といった形が現実的ではないかとACTIVATEでは予想します。

【2024年1月】最新のおすすめ投げ売りスマホ

最新のおすすめ投げ売りスマホはこちら!

created by Rinker

安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスが一番おすすめ。SIMフリー化済みの中古品、未使用品、グローバル版と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめ。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

おトクに運用するなら中古・白ロムが圧倒的!発売直後なら海外版の輸入もおトク!


created by Rinker

キャリアで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ

今なら最大44,000円割引実施中!


created by Rinker

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がおすすめです。

大手家電量販店や一部ショップと同等の値引きとなっている機種も多く、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むので楽チンです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンクオンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!


最新情報をチェックしよう!

iPhoneの最新記事8件